Palepoli

著者 :
  • 太田出版
3.67
  • (74)
  • (46)
  • (152)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 483
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872337495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイディアはすき。

  • 四コマ

  • 不条理ナンセンスエログロギャグ漫画。
    色々詰め込みすぎ(笑
    点描やだまし絵の画法を使って四コマ漫画を描くという、
    なにこの才能の無駄遣い、的な感覚が好き(笑
    それより、サザエさん好きだな、兎丸さん。

  • 初めて読んだ兎丸

  • この人、天才

  • 衝撃でした。エロ、グロ、カオス、ループって感じ
    没のおばけが良い(´∀`)

  • 一風変わった四コマ漫画

  • ハードカバーで購入。

    うさまるさんの4コマ漫画。
    かわいくて、えげつなくて、エロくて、いい!

    いつもと変わりない日常に見えても、何かが違う。
    血なまぐさくて残酷なことはあなたの隣に今もあるんだよ!
    ってことをチャーミングに伝える素敵な篇々。

    わたしはPalepoliaがお気に入り。

  • 古屋氏の本名知ってビックリした。

  • すごい。

全48件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

古屋 兎丸(ふるや うさまる)、1968年東京都生まれ。
多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。卒業後、アーティストを目指しながらイラスト描きのアルバイトで稼いでいたが、漫画家への転身を決心。『月刊漫画ガロ』1994年9月号に『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。
代表作に『ぼくらの☆ひかりクラブ』や映画化もされた『帝一の國』、『女子高生に殺されたい』などがある。

古屋兎丸の作品

ツイートする