Palepoli

著者 :
  • 太田出版
3.67
  • (74)
  • (46)
  • (152)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 483
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872337495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 彼のはギャグ漫画しか見たことなかったから驚いた。普通にすごいこと考える人だった。

  • 天才うさまる先生。のびたくんの話とサナエさんの話が好きです!
    没のお化けがかわいい…!

  • 神は細部に宿る

  • かの高円寺文庫で入手して以来、手放していない唯一のコミック。独特すぎて読む人を選ぶかも。サザエさんやドラえもんなどのイッちゃってるパロディ等がもの凄い画筆で描かれている。元美術教師。

  • 天才!・・・いや、神!!
    友達に「何か面白い本貸して」って言われたら、とりあえずコレ薦めます。感想はみんな「凄い!!」

  • さすが元美術教師 今もなのかしら

  • 中学二年、本屋でこの本を立ち読みした時の感動を忘れません。
    単純な四コマですが、アイディア、画力、表現力を磨いた人はやっぱり素晴しいです。

  • KESSAKU!!

  • これはすごい

  • マニアック向けのようで、なかなか笑える一冊だったり・・・この頃から、古屋先生は鬼才だったんだな。

全48件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

古屋 兎丸(ふるや うさまる)、1968年東京都生まれ。
多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。卒業後、アーティストを目指しながらイラスト描きのアルバイトで稼いでいたが、漫画家への転身を決心。『月刊漫画ガロ』1994年9月号に『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。
代表作に『ぼくらの☆ひかりクラブ』や映画化もされた『帝一の國』、『女子高生に殺されたい』などがある。

古屋兎丸の作品

ツイートする