Palepoli

著者 :
  • 太田出版
3.67
  • (74)
  • (46)
  • (152)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 483
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872337495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 所持したくなる本。

  • 美術を垣間見せてくれたりする。
    没のおばけが好き

  • 最初に読んで、天才かもと思いました。

  • 圧倒的な画力に衝撃をうけました。さすが美術の先生。

  • まじでびびった

  • 今は無きガロに連載していた作品。見て本当に驚きますよ。なにが驚くって1ページでみせる絵の細かさと技術!!絵と言うかここまでいくと絵と言うより絵画のようなイノパクト大の有無を言わさない迫力があって本当に圧倒します。右のコマに載せようとしたら小さすぎてなにがなんだかわからなくなってし
    まったので止めました(笑)個人的にはゴミ収集車をモチーフにした「曜日」シリーズや「悩める森の少女」が好きだったりします。エロあり、グロあり、芸術ありの兎丸ワールドは1回だけでもいいので必見です!!

  • ボツのおばけがああ!!

  • 大好き。

  • 点描すごい

  • マンガ
    変態4コママンガ。これヤバい。人間性を疑う兎丸さんの傑作。

全48件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

古屋 兎丸(ふるや うさまる)、1968年東京都生まれ。
多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。卒業後、アーティストを目指しながらイラスト描きのアルバイトで稼いでいたが、漫画家への転身を決心。『月刊漫画ガロ』1994年9月号に『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。
代表作に『ぼくらの☆ひかりクラブ』や映画化もされた『帝一の國』、『女子高生に殺されたい』などがある。

古屋兎丸の作品

ツイートする