Palepoli

著者 :
  • 太田出版
3.67
  • (74)
  • (46)
  • (152)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 483
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872337495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイディアはすき。

  • 不条理ナンセンスエログロギャグ漫画。
    色々詰め込みすぎ(笑
    点描やだまし絵の画法を使って四コマ漫画を描くという、
    なにこの才能の無駄遣い、的な感覚が好き(笑
    それより、サザエさん好きだな、兎丸さん。

  • 一風変わった四コマ漫画

  • かの高円寺文庫で入手して以来、手放していない唯一のコミック。独特すぎて読む人を選ぶかも。サザエさんやドラえもんなどのイッちゃってるパロディ等がもの凄い画筆で描かれている。元美術教師。

  • マニアック向けのようで、なかなか笑える一冊だったり・・・この頃から、古屋先生は鬼才だったんだな。

  • まじでびびった

  • 今は無きガロに連載していた作品。見て本当に驚きますよ。なにが驚くって1ページでみせる絵の細かさと技術!!絵と言うかここまでいくと絵と言うより絵画のようなイノパクト大の有無を言わさない迫力があって本当に圧倒します。右のコマに載せようとしたら小さすぎてなにがなんだかわからなくなってし
    まったので止めました(笑)個人的にはゴミ収集車をモチーフにした「曜日」シリーズや「悩める森の少女」が好きだったりします。エロあり、グロあり、芸術ありの兎丸ワールドは1回だけでもいいので必見です!!

  • 四コマ漫画界のニューウェーブとも言われたこの作者。
    実は絶望を描かせると凄い。
    残念ながらBookLog内では探せなかった作品「Garden」には凄すぎる絶望が収録されている。しかも袋とじだ。
    絶望したくなった人は是非読んでみて欲しい。

著者プロフィール

古屋 兎丸(ふるや うさまる)、1968年東京都生まれ。
多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。卒業後、アーティストを目指しながらイラスト描きのアルバイトで稼いでいたが、漫画家への転身を決心。『月刊漫画ガロ』1994年9月号に『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。
代表作に『ぼくらの☆ひかりクラブ』や映画化もされた『帝一の國』、『女子高生に殺されたい』などがある。

古屋兎丸の作品

ツイートする