Palepoli

著者 :
  • 太田出版
3.67
  • (74)
  • (46)
  • (152)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 483
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872337495

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初はちょっとびっくりしたけど慣れてくるとわりと面白かった。タッチの描き分けがすごいし、いつも洗練されたプロットで物語を描く古屋先生に4コマという形式はすごく合っていた気がする。よいぞ。

  • 面白い。だまし絵、すごい

  • 四コマ

  • 初めて読んだ兎丸

  • すごい。

  • 彼のはギャグ漫画しか見たことなかったから驚いた。普通にすごいこと考える人だった。

  • 天才うさまる先生。のびたくんの話とサナエさんの話が好きです!
    没のお化けがかわいい…!

  • 神は細部に宿る

  • さすが元美術教師 今もなのかしら

  • 最初に読んで、天才かもと思いました。

著者プロフィール

古屋 兎丸(ふるや うさまる)、1968年東京都生まれ。
多摩美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業。卒業後、アーティストを目指しながらイラスト描きのアルバイトで稼いでいたが、漫画家への転身を決心。『月刊漫画ガロ』1994年9月号に『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。
代表作に『ぼくらの☆ひかりクラブ』や映画化もされた『帝一の國』、『女子高生に殺されたい』などがある。

古屋兎丸の作品

ツイートする