クリエイション・レコーズ物語

  • 太田出版
3.75
  • (4)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872337594

作品紹介・あらすじ

まだ"インディーズ"という言葉もなかった1983年、オリジナルパンクを聴きながら育ったひとりの青年が、周囲の同世代バンドのレコードを出そうと思い立つ。志だけで始まった個人レーベル・クリエイションは、英国の片隅から、いつしか全米大ヒットを放つまでになる-その黎明期から黄金期、そして金とドラッグがもたらした壮絶な最期までが、レーベル主宰者・アラン・マッギー、そして多くの周辺スタッフの証言により、ここに語り尽くされる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたくしのバイブルでございます。クリエーション初期の頃のことは分からないが、途中からまさにドンピシャのリアルタイムで大好きだったアーティストだらけで読んでて興奮しまくる。あーあの時内情はこんなだったのか、そんなことが起きていたのかといちいち目頭が熱くなる。特にアランマッギーとボビーギレスピーの確執は切なくなる。

  • 感覚が共感できる。
    パオロヒュイット、訳者伊藤英嗣さんの
    取材力がなにより。

    いつでも読み返しています。

  • 最高の自己啓発本。
    「ちくしょう、レーベルをやろうぜ」が名言すぎる。

全3件中 1 - 3件を表示

パオロ・ヒューイットの作品

ツイートする