エコノミスト・ミシュラン

  • 太田出版
2.96
  • (2)
  • (2)
  • (15)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 60
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872337952

作品紹介・あらすじ

エコノミスト&ビジネス書ガイド。経済学を知らないエコノミスト&読めば害になる「トンデモ」ビジネス書を一刀両断。不況の日本経済に激震を起こし、すべての社会人・学生に日本経済の真相と問題を明解に教える、苦境に生きる私たちへの愛と励ましに満ちた驚愕の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔の作品ではあるが、リフレ派の立場から経済思想を戦わせている。

    10年経った今日、リフレ派の提言する政策に近い
    アベノミクスが実行されある程度の成果を上げていると
    思うと慧眼に感服する。

  • 実家で読む。再読です。残念ながら、いつ読んだのか記憶がない。多分、役所に勤めていたときです。意外に面白い座談会でした。この当時の最大の問題は、デフレでした。そして、この座談会の出席者の主張は、単純です。ゼロ金利に据え置いて、さらに、マネーサプライを増加させることでした。 そうすれば、デフレは解消するというものでした。しかし、この政策を採用しても、デフレは解消されることはありませんでした。マネーサプライを増加させても、銀行の貸し出しに回ることはありませんでした。何故ならば、この当時、金利が低下しても、企業の資金需要が存在しなかったからです。また、マネーサプライの上昇イコール物価の上昇ではないのです。マネーサプライの増加は、物価上昇の必要条件です。ただし、十分条件ではありません。物価上昇には、マネーサプライの増加と物価上昇の期待がセットである必要があります。マネーサプライを上昇させるだけでは、機械的に、物価が上昇するわけではありません。 ただし、やらないよりは、ましかもしれません。しかし、現実は、大きく変わりました。現在の問題は、インフレです。インフレ対策を重視するならば、金利引き上げ、マネーサプライを引き下げることです。ただし、日本のデフレの経験に学ぶならば、この政策が、機械的に有効なわけではありません。このような政策が有効なのは、消費者、企業が、物価下落の期待を持つ場合だけです。最近、日本銀行発の研究論文は、消費者、企業との情報共有というフレーズのものが数多くあります。多分、金融政策が有効であるためには、日銀の意図する政策が、消費者、企業、銀行に共有されている必要があるのでしょう。

  • ◎「日本経済復活 一番かんたんな方法」(勝間和代/光文社新書/2010)で紹介

  • 一般人が読むには難しい…
    (T-T) グスッ
    経済学を勉強せねば、と思った次第。
    対談形式だから表現は柔らかい。
    が、内容は超難しー"く(""0"")>"

    経済学勉強してました、と胸を張って言えない…

  • 経済学、エコノミストの思想遍歴、構図が分かる本。ゼロ金利解除後、デフレに苦しみながら構造改革を模索する日本経済について論じている。
    エコノミストの生き方として参考になる。

  • ジジイが赤提灯で他人の悪口をを言ってるような内容。

  • 誰でも一度は見たことのあるエコノミストをバンバン値付けしていくまじめな批評書。ニュース見てて「あいつインチキくせーなー」と思った事がある人は是非手に取っていただきたい。かなり偏っているけど一つの明確なポジションを知ると物事ってのは得てして良く見えてくるもんだと思います。小難しい経済話もこういうプロレス的な切り口で見るとおもしろいっすよ。次に読むべきは「経済学者たちの闘い」若田部 昌澄 (著)

全7件中 1 - 7件を表示

田中秀臣の作品

ツイートする