乙女なげやり

著者 : 三浦しをん
  • 太田出版 (2004年6月発売)
3.64
  • (91)
  • (144)
  • (249)
  • (8)
  • (2)
  • 793人登録
  • 156レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872338591

乙女なげやりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で表紙をみて、のだめだ、のだめがいる!!とふるふるしちゃいました!
    しをんさんとのだめ、考えてみるとちょっとかぶるかもしれない…!?
    漫画が好きのヲタク、奔放で妄想癖があり、好きになるととんでもなく一途、ある分野に秀でた才能があり、お風呂が嫌いで汚部屋(でもしをんさんはのだめほどじゃないと思う)、そんな姉を醒めた目で見る弟がいて…。
    でも…、あまりピタリとこないのは、やっぱりイメージが違うからかな(笑)

    しをんさんのエッセイ「桃色トワイライト」を初めて読んだとき、しをんさんてこんな人だったのー!?と驚いた私ですが、エッセイも4冊目となると、「出た出たぁ♪しをん節♪」と小躍りしながら読みたくなります。
    真面目な小説と、笑えるエッセイとは、全然別人が書いたようにも見えるけれど、しをんさんの日頃の楽しい妄想が、あの面白い小説につながっているのだなぁと思うようになりました。
    元気なときはもっと元気になるし、元気の出ないときは少し元気をもらえる。時々お腹がよじれるほど笑ってしまう。

    しをんさんの脳内では、BL妄想も、次の作品の構想も、一緒になってわやわやしているのだろうなぁ~♪

  • 自分にも当てはまることがありすぎて笑いが止まらないwww
    この臆面のなさと炸裂する煩悩www
    ちきしょう大好きだwww

  • 初しをんさんエッセイ。小説では何度かお目にかかっていたんですが、こんな方だったとは、笑。
    日常の何気ない(なくない時もあるけどw)1コマを独特の文体で愉快に、そして開けっ広げに書かれていて楽しかったです^^
    何より本作内に登場するまだ見ぬ小説やドラマが気になって仕方ない(笑。
    そして知ってるものの話では、何て趣味が合うんだ!と勝手に親近感をもってしまいますww

  • なんていうか…私もまだまだだな!と言う気分になるエッセイ。
    軽く楽しく読めるので好きです。漫画談義には是非参加したいものだ。

    妄想って素晴らしいなぁ…

  • 三浦しをんさんの本初読み。すごく面白かった!普段エッセイをあまり読まない私ですが、これはハマった。気が付いたら一気に最後まで読んでました‥。ヲタク気質な乙女は必読の一冊!(笑)

  • おもろい。小説とは全然ちがう、でも確かにルーツはここにある。しをんさんがBL好きだとは・・・。なんかそんな気もしてたけど。他のエッセイも読んでみたい!

  • 妄想炸裂で何度も爆笑。読後、「白い巨塔」の原作と唐沢寿明主演ドラマが見たくてたまらなくなった。三浦しをんさんのエッセイは、共感するところばかりではないけれど、とても好き。読むと心の中のからまっていた部分がほぐれる気がすることがある。あと、しをんさんが夢中になっている対象に、読みながら引き込まれていく感覚が楽しい。

  • しあわせ♡

  • 10年ぶりの再読。
    この10年で自分にBL耐性がついてきたのだなぁとびっくりしました。
    (以前読んだ時は、オススメしてきた友人を若干白い目で見てました)
    こんなにステキな妄想を公にする勇気に乾杯!

  • いやー、こんな友達いたら楽しいだろうな。
    同年代だからこそ分かるネタもあり、しをんさんの友達もなかなか強者ぞろい。

    おばあちゃんの家でだらだらしたり、弟のゲイ疑惑にもやもやしたり、電車で貧血で倒れてみたり。

    なんでもない日常を面白おかしく書けるって才能だよなぁ。

全156件中 1 - 10件を表示

乙女なげやりのその他の作品

乙女なげやり (新潮文庫) 文庫 乙女なげやり (新潮文庫) 三浦しをん

三浦しをんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

乙女なげやりを本棚に登録しているひと

ツイートする