オタクの遺伝子 長谷川裕一・SFまんがの世界

著者 :
  • 太田出版
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872338690

作品紹介・あらすじ

『ナウシカ解読』で明晰な宮崎駿論を展開した著者が、日本で2番目にオタクの心がわかっているまんが家・長谷川裕一を中心に、鉄腕アトム、鉄人28号からガンダム、エヴァンゲリオンにいたるオタクの遺伝子=SFの変容と可能性を描く、壮大な長谷川裕一&SF論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  膨大な注がついているインタビュー、130ページを超える作家論、作品解題&年表という労作。たっぷり楽しめた。オタク&SFの「基礎教養」が試される論で、オレは落第生クラスなのでけっこうたいへんだった。だってガンダムはファーストしか見てないし(ZはOVAに挑戦するもとちゅうで挫折)、他のロボットアニメも「マクロス」「エルガイム」以外はわからんし、レンズマンやらキャプテン・フューチャーやらもはじっこだけ。
     で、予習がたらんわりに楽しめたのは、著者が作品をおたくの中の文脈で解釈するのではなく、人生を考えていくツールとしての「哲学」にひきつけて解釈して手際がいいからだろうと思う。稲葉振一郎、さすがに深読み名人というか、著者が創作したときに考えていたこと以上(たぶん)の意味を見出していくところが、読みどころです。

  • 長谷川裕一氏(!)を中心にオタクがSFの影響を色濃く受けている、という分析をする試み。
    「萌え」以降のオタクはSFのブックガイドとして使おう。

全3件中 1 - 3件を表示

稲葉振一郎の作品

ツイートする