ボクのブンブン分泌業

著者 :
  • 太田出版
3.66
  • (10)
  • (4)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872338836

作品紹介・あらすじ

あらゆる雑誌(文芸誌、音楽誌、ファッション誌、エロ本)に書きまくったこの10年。さらに、あの伝説の対談や、筆者小学生時の作文「暗い人生劇場」、書き下ろし含む全344ページ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010/7/20購入

  • どうでもいいような短いエッセイと、本当にくだらないけど面白い講演録や対談などを無数にかき集めた本。教養趣味と暇を持て余している大学生が一日つぶすのに最適。勉強に忙しい中高生や、曲がりなりにも常識のある振りをしていたい社会人は決して手をとらないで。
    中原昌也対談集『サクセスの秘密』も、コーネリアスから「リング」の中田秀夫監督、左翼活動家で映画評論家の松田政男まで、節操なく集められた面々との志の高いのか低いのか不明な対話が中原的としかいいようのない世界を作っていてお薦め。

  • 小説より面白いと思いますよ。

  • 情報量多くて役に立つこともあるかも。ただし、通読するとけっこう嫌な気持ちになる。

  • いい年こいて口を開けばテレビの話ばっかしてるボンクラ兄ちゃんは中原先生の作品を読んで自分を見つめ直ばいいと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

《Hair Stylistics/中原昌也》
1970年6月4日東京都生まれ。
1988年頃よりMTRやサンプラーを用いて音楽制作を開始。
1990年、アメリカのインディペンデントレーベルから「暴力温泉芸者=Violent Onsen Geisha」名義でスプリットLPをリリース、ソニック・ユース、ベック、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンらの来日公演でオープニング・アクトに指名され、
1995年のアメリカ・ツアーを始め海外公演を重ねるなど、国外での評価も高い。
1997年からユニット名を「Hair Stylistics」に改める。

音楽活動と並行して文筆活動も多数。
1998年に初の短篇小説集『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』(河出書房新社)を発表した後、
2001年に『あらゆる場所に花束が……』(新潮社)で三島由紀夫賞、
2006年に『名もなき孤児たちの墓』(新潮社)で野間文芸新人賞、
2008年に『中原昌也作業日誌 2004→2007』(boid)でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。

「2018年 『"Hair Stylistics CD-R Cover Art Works" BOOK WITH CD "BEST!"』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原昌也の作品

ツイートする