「仁義なき戦い」調査・取材録集成

著者 :
  • 太田出版
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872339482

作品紹介・あらすじ

「仁義なき戦い」終結宣言!戦後ヤクザ抗争事件史上最大の「広島抗争」はいかにしてダイナミズム溢れるドラマとなったのか?稀代の映画脚本家・笠原和夫の綿密かつ激烈な取材・調査録。

著者プロフィール

昭和2年(1927)東京生まれ。新潟県長岡中学を卒業後、海軍特別幹部練習生となり、大竹海兵団に入団。復員後、様々な職につき、昭和29年東映株式会社宣伝部に常勤嘱託として採用される。昭和33年、脚本家デビュー。美空ひばりの主演作や時代劇、『日本侠客伝』シリーズ、『博奕打ち 総長賭博』をはじめとする東映任侠映画、『日本暗殺秘録』、『仁義なき戦い』四部作、『二百三高地』『大日本帝国』、『226』等を執筆。平成14年死去。

「2018年 『笠原和夫傑作選 日本暗殺秘録――昭和史~戦争映画篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笠原和夫の作品

ツイートする
×