反省しないアメリカ人をあつかう方法―アメリカ人コンサルタントが日本語で綴った、異文化ビジネス・ケーススタディー (アルク新書)

制作 : Rochelle Kopp 
  • アルク
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872349511

作品紹介・あらすじ

アメリカ人がアメリカ人の管理法を説いた、異色の日米異文化論。アメリカ人部下や同僚を扱いあぐねている日本人ビジネスパーソンと、アメリカ人と心底わかりあいたいと思っている国際派日本人に捧げるガイダンスである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり昔の本ですが、とても面白かった。

    アメリカ人と日本人の考え方や価値観の違いが分かりやすくまとまっています。
    本来ならば、アメリカに進出した日系企業で、
    アメリカの支社へ出向した人が想定読者なのですが、
    アメリカ人とコミュニケーションをとる必要のある全ての人に
    何かしらの得るものがある本だと思います。

  • 内容については、あまり驚きもなく読めた。私の会社は日本的判断に、基づいて人事・労務管理を行っているだろうと考えていたが、驚くほどこの本に書かれている内容が導入されていることに気付く。また、米国に進出した日系企業と、日本に進出している外資企業に、現地社員として働いているのマインドというのが、文化を超えて共感することに苦笑する。いずれにしろ、異文化の中でどう人をあつかうかということにおいて非常により実務書である。
    補足すると、若い社員たちは、この本で書かれているアメリカ人的マインドに近くなってきていることも考慮すべき、国内企業であってもこれまでのやり方は通用しなくなってきていることを考慮すべき。

  • 褒める、評価するというのはアメリカの会社では本当に大切。いちいち言わなくても分かるだろう‥というのは通じないのですね。注意するときもまずは肯定的な言葉から始め、その後「ここをこうしたらもっと良くなるんじゃないだろうか」といった感じにつなげる。
    こういったやり方は会社という場に限らず、普段の人間関係にも活かせると思う。

  • アメリカ人がアメリカ人の管理法を説いた日米ビジネス文化論/
    How to deal with Americans who don't "hansei"? ―
    http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7003117

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社社長。
異文化コミュニケーションと人事管理を専門とする経営コンサルタント。全米及び日本とヨーロッパで日系と外資系の多国籍企業に異文化研修を提供する。イェール大学歴史学部卒業、シカゴ大学経営学院卒業。
著書に『ビジネスミーティングの英語表現』『反省しないアメリカ人をあつかう方法』『トラブル回避の英会話&マナー』ほか多数。
日本語が堪能で、日系大手金融機関の東京本社での仕事の経験を持つ。イリノイ州シカゴ在住。

ロッシェル・カップの作品

反省しないアメリカ人をあつかう方法―アメリカ人コンサルタントが日本語で綴った、異文化ビジネス・ケーススタディー (アルク新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする