「知」のネットワーク―時代を動かす力

著者 :
  • イーストプレス
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872570816

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自d歳を動かす知を身に着けよう

  • 今、新著で出版されてもあまり違和感がないほど、先見性に富んだ大前氏の著作。

    書かれたのは、13年前。驚きですなー

    非常に理にかなっていて、自分の好きなタイプの内容。

    「個」を活かそうみたいな。

    でも、なかなか日本人には浸透しなかったみたいですな。

    図らずも、「コンサルタント」の限界を感じてしまった一冊。

    なんか今見れば、どこにでもある本ですね。

  • またまた大前さんの著書に手を伸ばす。1996年に書かれた著書。10年以上前に出版されたということを踏まえて読む。

    「日本人は、朝早く仕事にでて、夜遅くまで会社にいるか同僚と一杯といった具合で、1日24時間の大半を会社で過ごし、家には眠りに帰るだけという生活。人生楽しむどころか、生活すべてを会社に依存している。」と書かれていた。余暇時間の使い方は、今のうちから考えていこうと思う。

    コンサルタントという仕事は、人にアドバイスをするのが仕事。それは、人の話を聞き、単に内容を理解するだけでなく、それは自分にとってどういう意味合いを持つことなのか、いま世の中を見るためにはどんなふうにそれを解釈したらいいのか、といったことについて「考える癖」をつけることが必要。とのこと。職業を問わず、この考えは真似したいと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1943年、福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。(株)日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。 以来ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。現在はビジネス・ブレークスルー大学学長を務めるとともに、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍のかたわら、グローバルな視点と大胆な発想で、活発な提言を行っている。

大前研一の作品

ツイートする