マンガロン―“70年代生まれ”の極私的マンガ評論集

著者 :
  • イースト・プレス
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872572070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日野日出志、根本敬、六波羅芳一、こじらせ系のマンガ論。

  • 吉田戦車の章で涙が溢れて止まらなかった。
    その後何度も読んだけど、やっぱり泣いた。
    泣きながら一気に読みました。

  • 後半の怒涛のエロマンガ評論にはついていけませんが、それこそが筆者の意図なのでしょう。「押さえ付けられて、矯正されても治らないものが個性である」という言葉には感銘を受けました。同じようなこと他にも言ってる人はいるでしょうが、それがマンガ論の中に出てくるところが素晴らしいです。水木しげるやゆうきまさみのマンガの読み方が、僕に似ているな、と思いました。ただ、ちょっと個人的感情に走りすぎの部分が見苦しいです。極私的と銘打ってるからいいんでしょうが。

全4件中 1 - 4件を表示

鶴岡法斎の作品

マンガロン―“70年代生まれ”の極私的マンガ評論集を本棚に登録しているひと

ツイートする