赤ちゃん語がわかる魔法の育児書 (カリスマ・シッターがあなたに贈る本)

制作 : 岡田 美里 
  • イースト・プレス
3.38
  • (7)
  • (20)
  • (31)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 162
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872572711

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジーナのように厳格にスケジュールを決めてそれに子どもを合わせていくのではなく、一定のパターン(スケジュールではなくパターンであるというのがポイント)で生活しながらよく子どもを知り、観察し、適切に要求にこたえていくことで、親も子もハッピーに暮らす、という教え。

    ジーナが合わなかった人や、ジーナでなかなかうまくいかない人は、こちらの教えも併せてやっていくとよさそう。

    私個人としては、子どもをよく観察し、子どもの気質に合わせていこうという教えはとてもしっくりきたし、愛情をもって接せられるので(ジーナだと、スケジュールに合わないと舌打ちしたくなる)トレイシーの方が好き。


    <忘れないようにmemo>
    ・一定の生活パターンで生活することで、子どもの要求がわかりやすくなる。EASY=Eating/Activity/Sleeping/Your time
    ・赤ちゃん語を理解しよう。泣いたらいきなり抱っこ、オッパイではなく、よく観察しようということ。SLOW=Stop/Listen/Observe/What's up?
    ・赤ちゃんの意思を尊重しよう。赤ちゃんも人格を持った1人の人間!

  • [予告なしのオムツ替えは赤ちゃんに失礼です]という言葉を見て図書館で手に取った本。

    素晴らしい育児書で、赤ちゃんがなぜ泣いているかをちゃんと観察しましょう、そしてそのためには赤ちゃんの気質を理解し、生活リズムを整えることが大事ですよという内容。オムツ替えに関して実践すると泣くことはほとんどなくなった。コリックだと思っていた泣きは、赤ちゃんのサインをずっと見逃してしまった結果なのかなと思い直した。

  • 子育てに役に立っている

  • 図書館にて。
    わかりやすく、よかった。
    実践できるものは、心に留めて。
    でも出生後からつけている育児日誌はやはり大切なんだな、大切に続けて行こうと思えた。
    その子の様子をよく見て、ある程度のパターンを作ってあげることの大切さ。

  • 良い親になるための土台作りとしてしなければならないこととして、以下の点を挙げて説明している。
    ・赤ちゃんを尊重すること
    ・赤ちゃんの個性を認めること
    ・赤ちゃんに、ではなく赤ちゃんと、話すこと
    ・赤ちゃんの言いたいことを理解してあげること
    ・赤ちゃんの信頼を裏切らず、毎日、一定の生活パターンが予想どおりに繰り返されることを教えて、次に何が起こるか赤ちゃんにもわかるようにしてあげること

    なにかをする前には話しかけたり、気持ちを理解しようとしたりするというこの本の根底にあるのは、赤ちゃんを一人の人間として尊重して扱うという原則。

  • エンジェルタイプ・育児書タイプ・デリケートタイプ・活発タイプ・むっつりタイプチェックができて、参考になった。
    easy slowの育児についてふむふむと読ませてもらってなるほど、朝おきてご飯食べて動いてお昼ごはんたべていつも決まったパターンで動いているなあ。赤ちゃんにはまず規則正しい生活を覚えてもらわなきゃ、と目からウロコ。そして一人目の時構い倒した結果昼夜逆転→抱っこ魔→腱鞘炎という痛い思いをしたのを思い出した。
    二人目はとりあえずスケジュール立てて生活中。多少ずれることがあってもまあ仕方がないなあと思ってやってみたら案外良い(^O^)
    疲れて泣いているってこともあるんだっていうか、うちの子ほとんどそれで泣いてたよ( ̄◇ ̄;)

  • 為になる部分もあるが、だらだらと続き文章形式で要点がわかりずらい。

  • 外国のなので、子供は別室が前提だけど、ヒントは多く書いてあって参考になった。

  • EASY子育て、なかなかできないなぁ。
    授乳と睡眠が切り離せない……。遊び疲れて寝てくれないんだよなー。
    スケジュールは、生後3ヶ月までの赤ちゃんということで、ちょうどそれくらいなのだけど、その後どのように調整していったらいいものか……。
    EASY子育ての良さについて延々語るより、どう導入すればいいか書いてくれると助かるんだけどなぁ。

    けれど、SLOW法は取り入れることができました。
    ちょっと待って、赤ちゃんの様子を見ると、要求が前より分かってきました。
    お腹すいたと眠たいは時々混同しちゃうけど。
    抱っこが疲れた、という要求があるのに驚きました。赤ちゃんはずっと抱っこが嬉しいのかと思ってたので。

  • 泣く理由とボディランゲージの意味の表が載ってた。
    当てはまることを発見できたらラッキーかも!(今のとこピンと来ません…)

全29件中 1 - 10件を表示

トレイシー・ホッグの作品

赤ちゃん語がわかる魔法の育児書 (カリスマ・シッターがあなたに贈る本)を本棚に登録しているひと

ツイートする