廃墟の歩き方 探索篇

制作 : 栗原 亨 
  • イースト・プレス
3.45
  • (16)
  • (33)
  • (78)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 242
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872572896

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真は殆どモノクロ。

  • この本が発売されたとき、BLAME!というマンガを読んでいました。それにはとても魅力的な、まるで廃墟のような建築物がたくさん、たくさん、背景として出演のひとりとして、描かれていました。この本を手に取ったきっかけは、もっとそういう建築物を見てみたいと思ったから、です。
    わたしにとっては、想像を絶する写真の連続でした。廃墟の外観は、もしかすると見たことがあったとしても、まさか中の様子までは知りませんでしたから、……こんなふうになっているんだ…と 食い入るように眺めたものです。

  • かなりなお気に入り。何度も何度も読み返す。
    儚さの極み。美しいと思う。

    私はそこにいた人がどうなったかがどうしても知りたくなる。
    なぜ?どうして?答えはないのだけど・・・

  • 「廃墟」が静かなブームになりかけたときに買ったもの。
    中身は、カラー写真は最初の数ページだけで、ほとんどがモノクロ。
    Webで見た方がいいですね。ほぼすべてカラーですし。

    まあ、「色つきだとあまりに生々しい」という人(いるのか?)にはいいかもしれませんが・・・

  • 私にとって廃墟本のバイブル。
    写真は白黒だけど、細かいデータが想像力をそそられる。

  • 1052夜

  • これは近年(2009年)に、弟からプレゼントされた。
    犯罪にならないのならば
    今すぐにでも廃墟探索したくなる本。

    ちょっとしたボルテクス気分…(メガテン)

  • 最初の方に,細かく注意事項などが書かれており,廃墟に探索に行かれる方へのちょっとした警句にもなっている。どうせなら,場所などは公開しなくてもいいから,もう少しカラー写真をいれてほしかったところ。白黒でも別な意味で味が出るが,せっかくなら天然色での廃墟の雰囲気を味わってみたい…。

  • 時代に取り残された遺物の滑稽さ、
    打ち捨てられた空間の寂寥、
    ぼんやりと浮かび上がる人の営みの名残。

    200X年、
    いつか人が滅んだりしたら、
    残るのはこうした廃墟だけ。

    形を成した人のエゴが土に還っていく様は、
    淘汰されていく物の美しさを感じる。

    タイトルのように廃墟探索を指南する
    内容ではなかった。
    (むしろしないでください、と)

  • 初めて「廃墟が好き」だと自覚した本かも。
    なんとなく惹かれてはいたけど、こういう嗜好ってやっぱりあるんだ!と嬉しくなったのを覚えています。
    廃墟写真集というよりは廃墟写真付き読み物という感じで、私はそこが気に入ってます。

    うららかな休日の午後に読むと不思議とノスタルジックな気分に浸れる一冊です。

全34件中 1 - 10件を表示

廃墟の歩き方 探索篇のその他の作品

廃墟の歩き方 探索篇を本棚に登録しているひと

ツイートする