問題解決トレーニング (East Press Business)

著者 :
  • イースト・プレス
3.17
  • (2)
  • (8)
  • (19)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872574333

作品紹介・あらすじ

脳のシワがみるみる増える、オトナのための問題集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気楽にアタマのトレーニングをするにはいいと思うが、内容が弱い感じがします。深さを求めてはいけない本です。

  • 分かりやすい内容で、新入社員教育に良いかも。もう少しビジネスのリアルな問題の方が良かったと思われる。

  • 沢山の実用的事例を用い、問題を発見する方法、心構え、解決策の見つけ方など、理由や考え方を含んだ説明が豊富である。ビジネス向けでもプライベートにも共にかなり役に立つ一冊。

  • 設問がわりと簡単。
    読みやすいが、退屈でもある。
    最後の章の場面設定だけは、現状と重なる点があり、心に響いた。

  • ロジカルシンキングの基礎とフレームワークについて、身近なケースをもとに紹介した本。最近はもっと高度な本が出ているので、構えて読むと物足りないかも。初心者の入門書、ある程度知識がある人の復習用
    としては良い。

  • 問題解決トレーニング 西村 克己

    日常の生活や仕事などそれぞれのシーンの中で突当たる数々の「試練」。それぞれがショートストーリー/ケース問題仕立ての読み物として3択問題として出題され、それぞれ1~2ページにわたり「解」と「解説」がワンセットで50題出題される問題集。
    本書には「正解は1つではない」として問題によっては3択の中で複数回答がある問題もあります。

    本書は「問題」を以下の3点で定義します。

    発生する問題
    発見する問題
    創る問題

    社会生活の中で試練として起こる問題(発生する問題)、原因や背景を探査することで見えてくる(発見する問題)、現状からの変化を要望する(創る問題)。

    現代はこの3つを解く能力こそが求められていると。

    ドラッカーや他のビジネス本に疲れたらこの本を読むと気持ちが和らぐかもしれません。問題がとても簡単でしたから。

  • いろんなケーススタディが出ていて読みやすかったです。
    課題解決の筋道はこれで勉強して身につけるといいですね。
    後は実践力です。

  •  ただの読み物としてもなかなか面白いです。
    ですが、真価を発揮するのは自分の毎日とシンクロさせて考えるときではないでしょうか?使い方次第で、ただの読み物から勉強になるバイブルにでもなりうる本です

  • 分かってはいるんだけど、実践できない。そんなところをやさしく指摘してくれるような本。

全9件中 1 - 9件を表示

問題解決トレーニング (East Press Business)のその他の作品

西村克己の作品

問題解決トレーニング (East Press Business)を本棚に登録しているひと

ツイートする