図説 実例でわかる!コトラーに学ぶマーケティング―ぜんぶ日本の実例で解説!いますぐ「使える」発想術! (East Press Business)

制作 : 白井 義男 
  • イースト・プレス (2005年1月1日発売)
3.28
  • (3)
  • (4)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
  • 47人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872575316

図説 実例でわかる!コトラーに学ぶマーケティング―ぜんぶ日本の実例で解説!いますぐ「使える」発想術! (East Press Business)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 基本的なマーケティングの知識のおさらいができる。

  • コトラー先生は、やっぱり偉大です。時代に関係なく通用する原理だ。

  • コトラーのマーケティング書ではかなり易しい入門書の部類。
    特徴は馴染みのある日本国内での具体例が図説されていること。
    基本から学ぶにはまずまずの内容かもしれない。
    すでに知っていることも多かったが、需要コントロール、既存製品のイノベーションを行う5つの手法(分量の変更、パッケージの変更、デザインの変更、付加物の追加、負担軽減)、などは参考になった。

  • マーケティングの補足説明です。

  • マーケティングの基本的知識力をあげる本。
    全く分からなかったときに一から勉強するにはいい。
    営業が出来ても、財務が出来ても事業は出来ないが、マーケティングができれば新たね事業は出来ると思う。

  • ■購入理由  

     会社で昔配られた本。

    ■読書目的

     軽い気持ちで手にとって読み始めてみた。

    ■感想

     薄っぺらな内容だった。
     あまり読む必要なしかな。
     
    ■興味を持った箇所

     特になし

  • ケースが全て日本の事例だったので分かりやすかった。ただ、各項目が短かったため、読みやすかったが深い理解は得られなかったと思う。やはりMBAと比較すると、日本(のビジネス書)においてケースはそれほど重要視されていないのだろうか。

  • マーケティングの基礎。コトラー理論を図解で分かりやすく描いている。私のような初心者には最高の一冊

  • 日本の実例に基づいてマーケティングの基礎知識から解説してくれる。コトラーの著書を読む前に予習本として購入。

  • マーケティングの大御所コトラーの著書です。
    マーケティングを学ぶ上で重要な実例を交えて説明しているので、理解しやすい内容だと思います。
    しかも実例は日本でのケースを題材にしているので、より実感がわきやすいです。
    マーケティングを学ぶならこれを読めば間違いはないと思います(俺もそんなに読んでないので、他のは知りませんが、これは絶対おもしろいです)。

全10件中 1 - 10件を表示

図説 実例でわかる!コトラーに学ぶマーケティング―ぜんぶ日本の実例で解説!いますぐ「使える」発想術! (East Press Business)はこんな本です

ツイートする