ゴルゴ13はいつ終わるのか? 竹熊漫談

著者 :
  • イースト・プレス
3.27
  • (1)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872575415

作品紹介・あらすじ

漫画家たちが脅える『ガラスの仮面』の「怖さ」とは?『美味しんぼ』に仕掛けられた巧妙なトリックとは?『火の鳥』最終回が『アトム』につながる!?『伝染るんです。』の名づけ親は竹熊だった!?続々と明かされる驚愕の事実!そして巻末には、幻の竹熊健太郎マンガ・デビュー作『どうしてくん』収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルの内容は、スグ終わります。一種の釣りです(笑) けれど、タイトルと(直接は)関係のない後半が非常に面白くて。著者と同世代ではないため、自身の体験を投影することはできませんでしたが、当時の資料としても、一個人の回顧としても、貴重な内容だと思います。理想を抱えているため(他にも理由は色々)、素直に作品を楽しめなくなってしまった人々を称す「オタク密教」という単語、興味深いです。「そういうカテゴライズを行うことが面倒くさいオタクの好例」といわれれば、それも正解だと思いますが。

  • 中央図書館で読む。期待していませんでしたが、面白い本でした。「火の鳥」の最終回に関する部分は読み応えがありました。最終回を読んでみたかったです。「火の鳥」を読んでみようかな。

  • ガラスの仮面の最終回を予想してますが、これが流石に良く練られていて相当な説得力があります。作家ご本人もこの予想ラストを読んだところ、「これより良ければいいんでしょ?」と言ったとか。

  • 001.初、並、カバ少スレ、帯付

全4件中 1 - 4件を表示

竹熊健太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山崎 敬之
吾妻 ひでお
黒田 硫黄
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする