孤独でも生きられる。

著者 :
  • イースト・プレス
3.43
  • (4)
  • (4)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 36
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872576085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不安に駆られた時や自信を失った時に、パラパラとめくるだけでも心が落ち着く一冊。

  • エッセイなのかと勝手に思っていたら名言集のようなものでした。なるほど。メモしたい言葉がたくさんあったけど、どういう文脈の流れでその文章が出てきたのかもきになる。

  • 一ページに一言。胸にくる言葉もちらほら。孤独でも生きていける逞しさが欲しい。

  • 曽野綾子さんの名言集。
    素敵なんですけど、エッセイだと思って買ってしまったので、期待していたものと違いまして・・・

  • 「柔らかく受け入れて、自分は変わらない、ということは実は至難な技であるらしい。」-------自信を失っている時、少し辛いと感じた時、心が迷った時…特に負の感情をリセットさせたい時に。

  • 本当に救われる一冊

  • はじめから好かれようとするなんて、疲れるだけだよ。

  • 伯母が購入。

  • いろいろ勇気づけられる言葉やなるほどなと思う言葉がたくさん載っています。でも一日にいっぱい読むのではなくて、少しずつ読む方が、むしろ1日1ページ。その方がその言葉をより深く受け止めて考える時間ができると思う。

  • 凹むときは大体ひとり。
    そんなときに拾えそうな言葉が詰まってる。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1931年生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。大学在学中から同人誌で執筆を始め、23歳の時「遠来の客たち」が芥川賞候補となり文壇デビューを果たす。1979年、ローマ教皇庁より「ヴァチカン有功十字勲章」を授章。1972~2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表を、1995~2005年まで日本財団会長を務めた。『誰のために愛するか』『老いの才覚』『人間にとって成熟とは何か』などヒット作多数

孤独でも生きられる。のその他の作品

曽野綾子の作品

ツイートする