世界一わかりやすいWebマーケティングの本 (East Press Business)

著者 :
  • イースト・プレス
2.80
  • (1)
  • (4)
  • (18)
  • (2)
  • (5)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872577211

作品紹介・あらすじ

Web2.0、ロングテール、ブログ、SNS、検索連動型広告etc.最新キーワードと基本知識が、この一冊ですぐにわかります!2時間でビジネスに使える入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学んだこと
    ①ユーザーレビューのいい点と悪い点をカテゴリ分けすると見返したときわかりやすい
    ②企業とユーザーのコミュニケーションで長期的な関係を構築することはロイヤリティを生み出す
    ③ネット上は顧客の声を一番集めやすい場所である
    アクション
    ①ノートに半分線を引き、左に○事項、右に×事項を書くようにし、見返したときにひと目でわかるようにする
    ②Twitter提案資料内にユーザーへ返事を返すことの重要性のシートを入れ、チームに共有する
    ③Twitterのようなライブ感のある生の声を得るために、担当タイトルのアカウントをフォローする

  • 一気に読み終わった!わかりやすい!

  • webマーケの基本は?

    →コンテンツは無限に作れるが、訴求、選び方、カタログの三つに分けられる
    ネットで売れる条件は、価格、ブランド、希少性が重要
    結局WEBマーケの本質は、様々なつながりをどうとらえ、どう生かすか

  • 分かり易いけど、ネタがちょっと古いな。

  • これからWeb関連の商売をしたい人向けの入門書。
    超初歩的なことが書いてあるのでそういった意味では有用。
    でも具体的に使える話は載っていないので微妙。
    心構えみたいな感じで軽く読むのが良いかも。

  • webマーケティングに関するキーワードを出し、それに関することを説明する書き方。内容はとてもわかりやすかったのだが、差し迫って必要ではない知識であったため、あまり頭に残った印象はなかった。必要な時が来たらまた手に取るかもしれない。

  • Webマーケティングの基本が3章にわかれて書いてある本。1章は「Webマーケティングの基本」、2章は「Webマーケティングにできること」、3章は「Webマーケティングはこう使え」の3本。

    個人的にはどうやってマーケティングを進めていこうか考えていたので、3章が見所と思っていたのですが、まだまだ理解が足らず、むしろ2章の方が勉強になりました。3章は次のステップのようです。。。

    新しくWebマーケの担当になった方で、Webマーケティングって何すればいいかわからん!という方は、読みやすいので一読をおすすめします。

  • ちょっと業務関連で買ってみましたが、2006年出版!残念!古い!内容はとても優しく書かれておりこんなのがあるよ、程度でしょうか。
    古いですが、基本を押さえるのにはよいのでは。

  • 世界一わかりやすいWebマーケティングの本 webマーケティングにもいろんな種類があるのだなあと感心。CMSもいろんな種類があるらしい。WordPressぐらいしか使ったことがないのだけれども、他もいつか触ってみるかな。 http://amzn.to/bSRzNA

  • Web2.0、ロングテール、ブログ、SNS、検索連動型広告…。最新キーワードと基本知識が、この1冊ですぐにわかります! 2時間でWebマーケティングを理解できる、ビジネスに使える入門書。

    確かにわかりやすいですね。
    基本的な形のようでなかなか読みやすいですよ♪

全12件中 1 - 10件を表示

羽切徳行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一わかりやすいWebマーケティングの本 (East Press Business)はこんな本です

ツイートする