黒幕―極道裁決 (アズ・ノベルズ)

著者 : 晶山嵐子
制作 : ホノハ 
  • イースト・プレス (2007年3月1日発売)
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872577655

黒幕―極道裁決 (アズ・ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは素人が書いたのかな?と思うほどの前後の脈略のなさや唐突さが非常に読みづらかった。

    最初に主人公の眼鏡を壊した男と後で出てくる本木が同一人物だというのもわかりづらいし、本木が突然登場したのに前からの知り合いのように書いてあるし、とても混乱した。

    本木がなぜ主人公を好きになったのかも良くわからない。登場人物の3人が美形らしいのだけど、イラストからはまったく伝わってこない。イラストだけ見ると主人公は地味で平凡、どっちかというとブサイクにしか見えないのに、本文ではハーフぽい美形のように書いてあるから、ここでも混乱する。まったく萌えどころかなく終了。

    もう一度最初から書き直して、絵師を変えればなんとかなるかもしれないという期待を持って甘々で星2つにした。

  • 読書中。。。

  • 晶山さんの作品を読むのは二度目です。この人の受けは絶叫系なんだな、と思いました。同人活動しているそうで、あとがきにある個人サイトを覗いてみましたが、同人誌の販売のみのようで中身は読めませんでした。でも内容紹介からすると鬼畜系っぽいです。もしかしたら商業誌の方はイタイ系を抑えているのかもしれません。同人誌の方を読んでみたいなと思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

黒幕―極道裁決 (アズ・ノベルズ)のその他の作品

晶山嵐子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする