預言者ピッピ (1)

著者 :
  • イースト・プレス
4.15
  • (84)
  • (53)
  • (48)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 486
感想 : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872577686

作品紹介・あらすじ

「つまりぼくら、 人類の未来をすべて計算しつくしちゃったんだ」  究極の頭脳が紡ぎ出す予言は福音か、それとも・・・・・・? 鬼才が描く長編ストーリー第1巻、満を持して登場!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 猿。

  • まんが

  • 前評判に違わず凄い漫画だ。絵柄は自分の好みじゃないけど、それでもグイグイ引き込まれた。
    惜しむらくは続編がまだ出ていないこと。
    早く読みたいな?2巻

  • 独特な絵で読む人を選びそうだけど、先入観なしで読んで欲しい!
    知らない作家だなと思っていたけど、パパと踊ろうの人だった。
    これまたびっくり。
    出だしはよくあるSFものかと思いきやどんどん面白くなる。
    ちょっとナディアのお兄さんを思い出したり。
    続きがとても気になる。
    手元に置いておきたくなる本です。

  • ピッピという高性能預言者ロボットの中にひとつの人格が形成されたことによって、彼は自我を持ってしまった。未来を知るということは果たして人間にどのような影響を及ぼすのか。
    自分の中の人格(タケオ)と会話することによってピッピは疑問を持つことを覚えます。ならば人間とロボットの違いとは、「なんで?」と問うこと、この一点なのかもしれない。

    『プルートゥ』思い出した。2巻も読みます。

  • 4.6

  • なるほど。
    始めのほのぼの感が逆に怖かったけど、最後はそんな風になるのかぁ。
    とりま、刊行ペースが気になるけど、気長に待つしかないのか…。

  • 未来を正確に把握したい人間の欲求と、それが満たされてしまった時に人間は恐ろしい未来を迎えることになるのでは、というそんな逆説。またそれを描き出すのが子どもの形をしたピッピというところに、薄ら寒さを感じる。

  • とても深いSF。哲学的。原題が「兆し」ってところからしてシビれる。元々ギャグ畑の人が、こんな方向に吹っ飛んで行って、しかも傑作をものにするだなんて、寡聞にして聞いた事がない。本当に惜しむらくは極めて単行本の発刊ペースが遅いこと。完結させてくれよ、頼むから。

  • 絵はあまり好きなタイプの絵ではないけど
    話は 続きが気になる感じで どんどん読めた。

    いろんな膨大なデータから予測したらその的中率があがり、
    100%あたるといわれるスーパーコンピューターのピッピ。

    預言者は、神のことばを預かって伝える人で 、
    予言者とは違うってことをどこかで読んだけど
    ピッピが「預言者」ってついているのは そちらの意味なんだね。


    地震予測のみから制限解除され 貪欲に学んで。
    人類の進化か滅亡か。
    2巻気になるなぁ。

    そして ピッピの頭の渦巻きも気になるけど
    表紙と タミオの絵にある 渦巻き貝も気になる。。

全43件中 1 - 10件を表示

地下沢中也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅野 いにお
五十嵐 大介
こうの 史代
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×