自由に生きる言葉

制作 : クリス ウィリアムズ  Bob Dylan  Chris Williams  夏目 大 
  • イーストプレス
3.79
  • (11)
  • (4)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872577693

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アート

  • 【No.34】「自分で作るようになるまで、たくさんの他人の歌をうたってきたが、それも大事なことだったと今は思うよ」「昔からある知恵や技術は今でも有効なんだ。それがあればどんなピンチも脱することができる」「大事なのは何をするかより、取り組む姿勢なんだ」「いずれ、”正しいものは正しい”という事実に直面するときが来る。正しいことを無理に証明しようとしなくてもね」

  • そうさ。
    答えはいつも風の中。

  • もう何度めになるか分からない再読。こうやってシンプルに生きていきたいよ。答えはいつも、風の中。

  • 時々、こういうの読んで元気出さなきゃねー

  • いい本だ。大事な言葉が書かれてある。

  • @yonda4
    僕の生活にはディランが足りない。

    ディランが語る「生きる」

    「人間は自分の空虚さと闘わなくてはならない」

    迷ったときはディランを加えることにしよう。

  • 「なにかをやるときには、体ごとのめり込むんだ」

    「自分が誰であるかを常に忘れないようにすれば、本当の自分と、期待されている自分とを混同しないようにすれば大丈夫だよ」

    「いつも今日と明日のことを一番に考えればいいのさ」

    「時代は変わるし、すべては変わっていく」

    「人間は自分の空虚さと戦わなければいけない」

    「大事なのは何をするかよりも取り組む姿勢なんだ」

    「人が言うことをいちいち気にするな。心が死んでしまうから」

    「人は本当は男や女を探し求めているわけじゃなくて、自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる人を探しているんだ」

    「僕は愛情を求めて仕事をすることはない。僕が仕事をするのは、することができるから。うまくできると信じているからさ」

    「歌を書くのは孤独な作業だ。孤立した世界に閉じこもらないと歌はできない」

    「内面から素直に出てくる歌だけを歌いたい。歩いたり、話したりするのと同じように歌が書きたいのさ」

    「誰もが自分の過去の影を背負っている。しかし、それを乗り越えていかなくてはいけないんだ」

  • Dylan = Rock'n roll

  • どうせただの下らない商業利益目的の本だろ・・って思ったら意外としっかりした作りで、<br>
    巻末に全ての原文が載っていたりして、本当にいい本でした。<br>
    <br>
    それだけに、この題名で損をしている感が否めないのが残念ですね。<br>
    相当のディランファンじゃないと買わないんじゃ・・

全11件中 1 - 10件を表示

ボブ・ディランの作品

ツイートする