戦争と平和 (まんがで読破)

著者 :
  • イースト・プレス
3.33
  • (16)
  • (28)
  • (62)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 356
感想 : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872578676

作品紹介・あらすじ

19世紀初頭、ナポレオン戦争の渦中にあるモスクワを舞台に描かれる一大叙事詩。 戦う意味を見失う青年士官アンドレイ、莫大な富を持ちながら真の幸福を思い悩むピエール、 天真爛漫な少女から魅力的な女性へと成長していくナターシャ。 戦渦はモスクワをも包み込み、様々な運命が交錯する。  近代文学史に輝く超大作を漫画化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館で予約して2ヶ月待ちの人気の本。
    難しそうな話はまずは漫画で。
    これで原作を分かったつもりになってはいけないけれど、私にはこのような本はありがたい。

    (印象に残った言葉)
    人はなぜ殺し合いに身を投じるのか?
    人間…それはあまりにも無力な存在である。なぜなら人は歴史を構築する歯車のひとつにすぎないからだ。
    しかしそれでも人は人として生きる。人を愛し、子を育み、友を助け、敵を許し、共に笑い、幸福な生活を望み人生を築いていく。
    そして歴史に平和が記されることはない。

    一人の人間として、グサリと胸に突き刺さった。

    (その他)
    ・ロシアの歴史やナポレオンについても勉強したくなった。
    ・ナポレオンの顔がいかつい。そしてその息子(ナポレオン2世)の幼少時代の肖像画もナポレオンそっくりのいかつさで描かれていて、こんな子供いるか?と印象的であった^^;

    • TAKAHIROさん
      なおなおさん、先日はコメントありがとうございました。
      ホリエモンの受け売りをバッチリ見抜かれてお恥ずかしい限りです(笑
      私の拙いレビューを読...
      なおなおさん、先日はコメントありがとうございました。
      ホリエモンの受け売りをバッチリ見抜かれてお恥ずかしい限りです(笑
      私の拙いレビューを読んでくれているのは嬉しいですね〜
      難解名著を漫画でというのはいいですね。私もやってみます。
      2022/06/06
    • なおなおさん
      TAKAHIROさん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      TAKAHIROさんやホリエモンの漫画に対する考えに、「だよね!?」...
      TAKAHIROさん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。

      TAKAHIROさんやホリエモンの漫画に対する考えに、「だよね!?」と賛同し、漫画を読んでおります^^;とても気に入ったので、メモしておこうと思います。
      TAKAHIROさんも難解名著を漫画で読んでみると!?仲間が増えたようで嬉しいです。
      私もまた本を探します(^_^)
      2022/06/06
  • 敷居が高い本のとっかかりに、前から気になっていたこちらのシリーズをチョイス。多分離乳食始めたてくらいの薄味に仕上がっているんだろう。楽しめたし、最後の方の悪友が助けてくれるシーンはグッときたが、駆け足感が否めない。テーマが何なのかもイマイチ見えてこなかった。
     楽しい時間や月日の流れを絵だけで示されるのは、どうも私には向いていないらしい。字がないとすぐに読み飛ばしてしまうので、冗長でも小説の方が合ってるのかも。これを機にトライしてみたいが…まだまだ敷居は高い。

  • ここ最近の読書の流れは本当に良い。人間世界の根本原理を学んでいるようで本当に充実だ。戦争は欲と思い込みで始まり平和は欲を静止することで生まれる。と◎トルストイに益々興味津々。いいねぇ〜♫

  • ロシアの文豪レフ・トルストイの『戦争と平和』をマンガ化。原作は559人もの登場人物がいるともいわれている。そんな長編作が30分程度で読めるのは素直にありがたいとは思う。

    しかし、案の定かなりの部分を削ってあるため、要約程度の理解しかできないものになっていると言わざるを得ない。

    そのため『戦争しか歴史に残らず、平和が語られることはない』という最終的なアウトプットしか記憶に残りにくく、本来大切なそのアウトプットに至るまでの過程がイマイチ伝わってこなかった。情報量の多い漫画といえど、さすがにわずか190ページでは無理があったと思う。

    本書は『戦争と平和』の概要を掴むために読むのには悪くないが、それ以上にはなり得ない。そこをわかった上で読むのはありだが、正直あまり時間を割いて読むほどの価値はない。

  • 「歴史に平和が記されることはない」
    「人は歴史を構築するための歯車である」

    戦争は決してしてはいけない事を
    再認識した

  • 承認欲求を満たすために結婚をしても幸福は遠いのでしょう。cf.p.75 ロシア軍元帥 クトゥーゾフ 「戦争において最も強力な武器とは何かご存じかね? 時と忍耐だよ」p.150 「著しく士気の低下した兵を抱えたまま進むこともとどまることもままならん...もう冬が迫っているというのに!」p.162 今、起きているロシアとウクライナの戦争を想起しながら読んだ。

  • 再読

  • 15分であの超大作が読めてしまっていいのかと少し罪悪感を感じるほど読みやすかった。
    簡略化されすぎている気がするが、概略を掴むのが目的だったので満足。

    歴史として、戦争は不可欠なものとして語られるが、当事者である市民からして必要な戦争などほとんどらないと気付かされた。
    歴史で語り継がれるのは戦争であって、平和ではないというメッセージは強烈。

    • オッコトヌシさん
      このシリーズ買ってるの?読みたい
      このシリーズ買ってるの?読みたい
      2020/08/15
    • コモゴモさん
      市の図書館で借りてる!わかりやすくてええで〜オススメ
      市の図書館で借りてる!わかりやすくてええで〜オススメ
      2020/08/15
    • オッコトヌシさん
      なるほど!あざみ!
      なるほど!あざみ!
      2020/08/16
  • さすがに名著が原作だけあってオモシロイ。しかも30分もあれば読み終わる。マンガの力を借りて、名作を味わえるのは素晴らしいです。原作を読む余裕がないときにはもってこいです。

  • 戦争と平和を読むための概略理解のため。
    ただ、はしょりすぎているため、概略すぎる。
    この頃の歴史を勉強する方がいい。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一八二八年生まれ。一九一〇年没。一九世紀ロシア文学を代表する作家。「戦争と平和」「アンナ=カレーニナ」等の長編小説を発表。道徳的人道主義を説き、日本文学にも武者小路実らを通して多大な影響を与える。

「2004年 『新版 人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トルストイの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×