変身 (まんがで読破)

  • イースト・プレス
3.16
  • (7)
  • (12)
  • (46)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 217
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872579116

作品紹介・あらすじ

ある朝、布地屋のセールスマン・グレーゴルが奇妙な悪夢から目を覚ますと、自分が大きな虫に変身していることに気づく。突如の異変に家族は困惑するが、グレーゴルが変身した謎を明かそうとする者は存在せず、奇妙な日常がただひたすら続いていく。100年以上経た現在でも色あせない、不条理文学の傑作を漫画化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公が突然虫へと変身してしまう話。
    マンガで読破シリーズ読みやすくて面白いです。
    何で虫になってしまったのかちょっと考えてしまうお話かもしれないです。

  • まんがで読破を読破するシリーズ。
    変身は何となくストーリーを知っているけど、まともに完読はしていないはず。一度文庫も買ったことがあるけれど、読まずに中古屋に売っちゃった気がする。
    でも、なんで虫になんてなってしまうんだろう。さすが、「不条理文学の傑作」。

  • 原作は昔読んでいるのではあるが、奇妙奇天烈な印象だけが残っているだけで、当時は深く考えた記憶がない。
    この企画自体にいえる事だが、原作と違うという批判が見受けられるが、そうだとしても、作家自身の生い立ちや境遇、思想や時代背景が、一解釈としてではあるが取り入れられており、その作品を知り理解する上での、あるいは原作への導入書としての役割はそれなりに果たしていると思う。
    家族、それを養うということ、職業、そして人間の日常的に持たざるを得ない業について考えさせられる作品。

  • 書店で読了。
    『変身』のあらすじは知っていたが、思っていたよりも不条理な話。さすが絶望名人カフカ。
    主人公の虫への変身姿のイラストが怖かった。これはこの漫画形式ならではのもの。
    ちゃんと文章でも読んでみたいと思った。

  • カネキくんのネタ元になっているのが解り易く理解できるなぁ。

  • 学生時代に読了していたカフカの変身。有名な出だしから始まるグレゴリーの悲しき家族愛の物語。毒親とも言える父親、寄生する家族達に応えようと頑張るグレゴリーの壊れていく精神。自分の幸せを選ばなかった宿命か。最後は虚しさだけで終わる。

  • ある朝、布地屋のセールスマン・グレーゴルが奇妙な悪夢から目を覚ますと、自分が大きな虫に変身していることに気づく。突如の異変に家族は困惑するが、グレーゴルが変身した謎を明かそうとする者は存在せず、奇妙な日常がただひたすら続いていく。100年以上経た現在でも色あせない、不条理文学の傑作を漫画化。

    舞台はプラハ(当時のオーストリアの属領ボヘミア王国)専制政治末期のユダヤ人
    のお話。父親は職を失い家族の収入は激減する。
    そこで息子のグレーゴルが父親の分まで働き家族を養おうと決心する。

    最初から主人公グレーゴルの頬がこけているのが印象に残った。裕福な暮らしをしていて真面目で家族思い。
    そんな男が家族の為にがむしゃらに働き心労を重ね「虫」になってしまう。

    はっきりいってグレーゴルは根が優しすぎる人間なのだろう。仕事で成果を上げても父親の叱責をまともに受け止める性格。

    父親も根は悪く無い様だが、いかんせん口が悪い。かといって母親も口出しできず。
    典型的な亭主関白で核家族のようで、近くに助けてくれる人間もいないから
    一人に問題が起きると家族全体が悪循環に陥ってしまう。

  • 胡蝶の夢に興味が出る。

  • 2013年読了

  • 出だしは非常に有名だけど、最後はどうなるかは読んでいない人は、きっと知らないもののひとつだろう。

全34件中 1 - 10件を表示

変身 (まんがで読破)のその他の作品

カフカの作品

変身 (まんがで読破)を本棚に登録しているひと

ツイートする