明日また電話するよ

著者 :
  • イースト・プレス
3.95
  • (46)
  • (38)
  • (42)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 463
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872579130

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ただのエロ漫画ではない
    切ない
    表題作の閉塞感
    悲しくなってきた。。

    ただのエロ漫画ではないが、ほぼエロ漫画。

  • 山本直樹入門編。夏に読みたい

  • エロ本のようで、そうでない、アンニュイで、怠惰で、デカダンス。

    小学六年生の男の子と先生の話が好きでした。終わり方がシガテラでした。

  • 恋と下心は紙一重?

  • <内容説明>
    夢幻と感傷──著者自身が認める、ベスト・ワークス。
    この十余年に描かれた膨大な作品群から、最も重要と思われる短篇を作者自らセレクト。
    書き下ろしの解題では、創作の秘密や自身のルーツがはじめて明かされる。
    山本直樹の精髄が凝縮された、異彩の書。

  • 作者自身によって選ばれた自選短篇集の第1部。各話ごとに作者による簡単な解題がついている。
    山本直樹というのは何度読んでもとらえどころがないというか、よくわからないというか。なのについ読んでしまう。かつて有害図書指定されたように、山本直樹の特徴はその性描写、とくに少年少女のそれで、これは一貫して変わらない。しかし、それがただのエロ漫画にならないのが山本直樹のすごさ。性描写があればあるほど世界は現実感を失いするりと手元からこぼれ落ちていく。焦燥と諦念とがふわふわと中空に停滞したまま、白昼夢のような空気が紙面に定着される。

  • ビレッジバンガードで見つけました。
    エロです。短編で読みやすかったです。

  • エロ漫画の皮を被った、エロ漫画。

  • 表題作が、もうつらくて仕方が無い。
    しのびよる終わりの予感をごまかしながら、「また電話するよ」と今日もまた叫ぶのだろうね。

    でも、ゆっくりと坂道を落ちていくような人生のなかで、そういった言葉を投げかけることのできる人がいるって、きっと、幸せなんだろうな。

  • 佐々木文庫より。スケベなのに、そんなにスケベさを感じないのは、リアリティがないからか、どこかSFチックだからか。なのかもしれないな。感情が希薄だから。でも、面白い漫画、描くな、と思う。(11/5/2)

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家:
山本 直樹(やまもと なおき、1960年2月1日 - )は、日本の漫画家(大学時代は同人漫画家活動も実施)。北海道松前郡福島町出身。北海道函館中部高等学校、早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。劇画村塾3期生。水瓶座、血液型AB型。主に青年漫画を執筆。

「Wikipediaから引用しています。」


博士:
慶応義塾大学准教授、博士(情報理工学)。1976年 生まれ。東京大学工学部卒業、東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。カリフォルニア工科大学研究員、オーストラリア国立大学研究員、慶応義塾大学専任講師を経て現職。研究分野は原子・分子・量子エレクトロニクス、制御・システム工学。

「2015年 『複素関数論の基礎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

明日また電話するよのその他の作品

山本直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
浅野 いにお
山本 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

明日また電話するよを本棚に登録しているひと

ツイートする