夜間飛行 (まんがで読破)

  • イースト・プレス
3.31
  • (8)
  • (10)
  • (25)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 130
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872579734

作品紹介・あらすじ

航空郵便の黎明期、南米路線を運営するリヴィエールの指揮の下、飛行士たちは己の命を懸け、前人未到の危険な夜間飛行に挑んでいた。事業の確立のため、あえて冷徹に部下と接するリヴィエールだが、ある夜、勇敢な飛行士・ファビアンの機体が遭難してしまう…。自らも飛行士としての経歴をもつ作家・サン=テグジュペリのベストセラーを漫画化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まんがで読破を読破しようシリーズ。
    「星の王子様」で有名なサン・テグジュペリの「夜間飛行」
    航空郵便事業の黎明期。船便や鉄道便との優位性を確立するため行われた夜間飛行。命を懸けるほどの仕事はあるのか。リスクとトレードオフとなる事業拡大。昔も今も変わらない課題。
    マンガのタッチが途中雑になったような気がする。

  • [墨田区図書館]

    実は、サン=テグジュペリの名前はもちろん知っているが、とりたてて読んだ記憶はない。代表作である「モモ」も、題名やあらすじ、あの表紙絵や厚さも含め本そのものを知ってはいるが読んだことはなく、この本に至っては題名すら、その存在自体を知らなかったので、今回良い機会になった。

    星の王子様同様?、夢のあるような題名の割にはシビアな現実社会のお話。ただそこには、横暴さでの厳しさではなく夢と信念を持った人が描かれ、しかも物語とはいえ、ノンフィクション的に現実の史実に沿った生きた描写がなされているため、読みごたえがある。どうだろう?少しは何かを感じ取ってくれたかな?

  • サン・テグジュペリといえば、「星の王子さま」の作者としてだけしか記憶がないお粗末な読者だったが、その原点となるこの「夜間飛行」は、フランス人のパイロットで小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる代表的な小説なのであった。

    このシリーズはその企画の宿命でもあろうが、端折ったり、まったく別の構成にしてみたり、或いは一解釈の押し付けだったりするわけだが、本作は原作の完成度が高いからであろうが、とても臨場感があり、漫画としても読み甲斐があり、成功しているのではないかと思う。

    自身の経験を活かしたリアリティあふれる空の旅は、ロマンチックな題名での勝手な想像とは裏腹に、危険きわまりない夜間飛行だった。
    事業、仕事、男のロマンと勇気、内に秘めた確執が、アンデスの嵐、パラグアイの星座、パタゴニアの暴風を織り交ぜながら、悲しい上昇へと向かってゆく力作であった。

  • そうそう、小説はあまりにオトナな文体で、高校の頃に難渋したものだったよ。
    漫画で読んでみれば熱血もの。

  • 解釈は人によって変わる?
    リヴィエールは厳しさによって、開拓しようとしたし、ファビアンが弱くならないよう、強く言った。それこそが仕事が全てスムーズなると、思っていた。相手の気持ちを組んだ上で、そういう決断をしたリヴィエール。本当は優しくしたいが、管理者として、仕事として、もどかしいがそれは出来ない。

  • パタゴニアとブエノスアイレスを結ぶ航空郵便事業を営む会社の、厳格で非情に振舞う社長、命を掛けて飛行に臨むパイロット、情を捨てきれない職員などを描いた物語。
    いわば、飛行機が生まれてから僅か20〜30年で一気に発達した時代を自らの犠牲をいとわず支えた男達のプロジェクト']。

    パタゴニアという所は、南半球の最果てで、今でもなお突風、濃霧、磁気嵐などが多発して航空機が危険にさらされる危険な土地。
    そんなパタゴニアとの通信を途絶えさせないため、自らの危険を顧みず飛行に挑む男達の生き様が胸を打つ。
    カネの為だけじゃない、自分の幸福の為だけじゃない、この仕事は絶対に誰かがやらなければならないんだ・・・と危険に挑む姿と、「そんなにしてまでやる必要があるのか、無理なんてしなくていいじゃないか」と問う声は、きっと、仕事という物を考える上で誰もが心の中で繰り返す感情なのでは。

    原作者のサン・テグジュペリ自身もフランス海軍の飛行隊に属し、第二次大戦時には後方勤務を断って前線を希望し、偵察飛行中に通信を絶った(ナチスドイツに撃墜されたと言われる)。

  • 夜間の郵便配達飛行をしている会社の話。星の王子さまを書いた人は、こんな骨太な感じのものも書いていたのか。

  • 夜間飛行・航空郵便事業・操縦士・挑戦
    サン・テグジュペリが飛行機の操縦士だったとは
    知らなかった。。。
    この作品の最後の解釈が気になる。。。
    読んでみたい。

  • 一瞬で読めるけど、なんでか内容が薄っぺらに感じてしまった、、

  • 登録日:12/16

全18件中 1 - 10件を表示

プロフィール

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ。1900年6月29日、フランスのリヨン生まれ。
幼少の頃より飛行士に憧れ、飛行士として活躍しながら、作家として『星の王子さま』などを発表しました。飛行士の体験をもとに『南方郵便機』、『夜間飛行』などを出版。
第二次世界大戦中、亡命先のニューヨークにて『星の王子さま』を執筆し、1943年に出版。同年軍に復帰し、翌1944年7月31日地中海コルシカ島から偵察飛行に飛び立ったまま、消息を絶つ。
その行方は永らく不明とされていたが、2003年、地中海のマルセイユ沖にあるリュウ島近くの海域で飛行機の残骸が発見され、サン=テグジュペリの搭乗機であると確認された。

夜間飛行 (まんがで読破)のその他の作品

夜間飛行 ─まんがで読破─ Kindle版 夜間飛行 ─まんがで読破─ サン=テグジュペリ

サン=テグジュペリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェイクスピア
マキアヴェッリ
バラエティアート...
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする