芸術と福祉‐アーティストとしての人間 (阪大リーブル014) (阪大リーブル 14)

著者 :
  • 大阪大学出版会
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872592504

作品紹介・あらすじ

芸術の社会化をめぐる思索と実践のあゆみ。いま私たちにとって芸術(アート)とは、そして福祉(ともに生きる幸せ)とは。アーツ・アンド・クラフツから現代アートまで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 芸術の社会貢献について産業革命以降のとらえ方について述べられている。
    福祉の定義はここではあいまいで、おそらく社会貢献の形なのだと思う。
    イギリスの産業革命で生活や価値観が機会により単純化されていく中、芸術はそれに変化をつけるものとして見直される。
    芸術振興がボーア戦争による敗北をきっかけとした能力向上と合わせて考えられた点も面白い。
    日本ではアウトサイダー・アートとして障がい者についてのものとしてとらえられている部分が大きい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

監修:藤田治彦(ふじた・はるひこ)

大阪大学名誉教授。学術博士。

大阪市立大学大学院生活科学研究科博士課程修了。エール大学大学院にフルブライト留学。
京都工芸繊維大学工芸学部准教授、ルーヴェン・カトリック大学客員教授、大阪大学大学院文学研究科教授などを経る。
専門は美学・芸術学。
著書には『ウィリアム・モリス』(鹿島出版会)、『ウィリアム・モリスへの旅』(淡交社)、『ターナー』(六耀社)、『天体の図像学』(八坂書房)、『ウィリアム・モリスとアーツ&クラフツ』(東京美術)、訳書に『ウィリアム・モリス』(講談社)、『モリス商会・装飾における革命』(東京美術、監訳)などがある。


「2017年 『ウィリアム・モリス 英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤田治彦の作品

ツイートする