カティリーナの陰謀

  • 大阪大学出版会
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872592740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 古来有名なサルスティウスの『カティリーナの陰謀』の邦訳。訳者による「序論」と「解説」を付し、共和政末期のローマの政治状況とカティリーナの陰謀の関連、そして著者サルスティウスの立場について丁寧に紹介している。この事件については、キケローの「カティリーナ弾劾」と題された諸演説も読むと、どれだけ当時のローマを震撼させた事件であったかが分かるだろう。キケローはのちのちまでこの事件における自分の功績を誇ってやまなかったが、本書ではキケローの扱いはいささか小さい。「最善の執政官」という賛辞はあるものの、キケローの演説などについてはごく簡単に触れられるにとどまり、むしろカティリーナ・カエサル・小カトーの三人の演説が紹介されている。とりわけ、「精神の偉大さ」と「栄光」という点で相並ぶ人物としてカエサルと小カトーを対比している箇所(54節)は、共和政ローマの堕落の原因をカエサルに求めるようなタイプの歴史観に対する一種のアンチテーゼと理解してもよいように思われる。

  • 陰謀と言うより反乱。キケロやカエサル、カトーの演説なんかは良かった(笑)

    船橋図書館

全2件中 1 - 2件を表示

鷲田睦朗の作品

カティリーナの陰謀を本棚に登録しているひと

ツイートする
×