フランス児童文学のファンタジー (阪大リーブル40)

制作 : ジャクリーヌ・デュエーム 
  • 大阪大学出版会
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872593228

作品紹介・あらすじ

大人も魅了するふしぎの世界。赤ずきん、眠れる森の美女などの「昔話」や「伝説」「妖精物語」から「現代のファンタジー」まで、フランスのさまざまな物語がつむぐふしぎと驚き。現実の中にひそむもう一つの世界(ファンタジー)に心を遊ばせてみよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ファンタジーは現実逃避や空想的冒険をするための手段ではなく、新しい観念を形成する、または、既存の観念を新しい関連形態に置く人間の能力である。この能力を発達させることによって、私達は未だ見えない将来起こる物事を眼前に思い浮かべることができるのである。
    ~ミヒャエル・エンデ

    これを読めば「ファンタジー」は万国共通であることが判る。
    そしてそれは親から子へ語り継がれてナンボの世界だとも。

    故に…

    お母さんがDVDの再生ボタンを押す~その後は家事やママ友との携帯メールをする~ことによって始まる「ファンタジー」にはある重要な要素が欠けていることを多くの人は気付いていない。
    そして、そのようなかたちでアンパンマンやジブリの動画だけで育った青年の行く末が私はものすごく怖い。

  • [ 内容 ]
    大人も魅了するふしぎの世界。
    赤ずきん、眠れる森の美女などの「昔話」や「伝説」「妖精物語」から「現代のファンタジー」まで、フランスのさまざまな物語がつむぐふしぎと驚き。
    現実の中にひそむもう一つの世界(ファンタジー)に心を遊ばせてみよう。

    [ 目次 ]
    第1章 昔話(灰かぶりのマリ―灰は身を隠す;ふたりのこぶ男―「こぶ取爺」との類似と相違 ほか)
    第2章 民衆が好んだ伝説(メリュジーヌ伝説―禁忌を破ると災いを招く;エモンの四人の息子―胸躍る騎士物語 ほか)
    第3章 妖精物語の流行(シャルル・ペロー;レリチエ嬢 ほか)
    第4章 「妖精物語」以後のファンタジー(セギュール夫人;ジョルジュ・サンド ほか)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • まだまだ知らない童話があったんだなー、と。

    当たり前のように覚えていた話、例えば「赤ずきんちゃん」や「眠れる森の美女」なんかは、ほんとはもっとエグくてとても児童文学とは言えないものだったんだよね。
    そんなことをどこかで聞いたことがあった中で、今回原作の解説を読んであらためて知った。
    要は、子供に向けた“忠告”や大人にも語りかける“教訓”を記したものなのね。

    フランスに限らず日本を含め周りの国のそれとも比較しながら探って行くこの一冊。
    それぞれの繋がりを楽しんでみるのもおもしろいかもしれないな。

全3件中 1 - 3件を表示

石澤小枝子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

フランス児童文学のファンタジー (阪大リーブル40)はこんな本です

フランス児童文学のファンタジー (阪大リーブル40)を本棚に登録しているひと

ツイートする