どうして高校生が数学を学ばなければならないの?

  • 大阪大学出版会
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872595543

作品紹介・あらすじ

数学はできないと苦しみ困り進路を変えさせ、役立つ役立たないと議論される不思議な教科です。数学に困ったとき答えがどこかに見つかるように編集しました。本のタイトルをお題に、高校生に語るように答えてくださいと依頼しいろいろな立場の先生が書き下ろしています。とても考えさせられたそうです。数学の勉強に不安のある高校生も、数学好きな高校生、悩んでいた大人、興味のある大人も、ちょっと立ち止まって読んでみる?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とてもよかった

  • やらなければならない、確かにその通りだが、その説明は思いの外難しい。

  • 所在:西閲覧室
    請求番号:410.7/O82
    資料ID:117011777

    自分自身、数学が好きで苦手だと感じている立場なので、数学のことを苦痛でつまらないと感じる高校生に、如何にして数学研究者や学校の先生が答えているのか気になったため、選書した。

    選書担当:M.S

  • 請求記号 410.4/O 69

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

大竹 真一
学校法人河合塾数学科講師、京都府立大学非常勤講師 他に、龍谷大学非常勤講師、河合文化教育研究所研究員を兼任。
[編・2章]

大竹真一の作品

ツイートする