都市表象分析I ((10+1 series/ LIXIL出版))

著者 :
制作 : メディア・デザイン研究所 
  • INAXo
3.60
  • (3)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872750935

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まあなんとも自分の性向というか趣味に合致するなあと、何度読んでも思う。

  • 古代ローマの都市の再構成に興味があり少しずつ読んでいる。 フロイトの発言がいちいちおもしろく、本書はそれに関するさまざまな情報を結びつけながら説明してくれてすごく勉強になる。

  • 残学ゆえ咀嚼できない部分は流しつつも、著者から放出される都市への愛という熱量に刺激され無我夢中に読んだ。都市の表象における寓意を捉え、その歪みに露呈する都市の無意識を発掘する。と平たく書けば味気ないが、様々な事象やベンヤミンを主とした様々な引用が導く解析を読み進めるうちに、朽ちゆく都市の裏側に朧ろにも“見えない都市”が浮かび上がり、ファンタスティックな倒錯に覆われる。理解を深めるには最低限ベンヤミンは必読(読んだことないわけではないけれど浅い)。あとシュルツの解釈が面白かったので『肉桂色の店』を再読したい。

  • SFをもとに磯崎新の「未来都市は廃墟」というイメージに肉付けしていく。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科教授

「2022年 『イメージの記憶(イメージのかげ)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中純の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×