建築と植物

制作 : 五十嵐 太郎  メディア・デザイン研究所 
  • INAXo
3.33
  • (3)
  • (8)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872751529

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本で面白いと思ったのは、冒頭部分の数ページと、「温室建築の歴史」について書かれている部分だ。新たな視点を得ることが読書の目的だとするなら、十分なことが学べた。特に温室建築なんかはなかなか注目されるものではないので、上手くまとまっており見ていて楽しい。五十嵐太郎さんは、さすが最近の建築界を代表する批評家だけあって、視点が非常におもしろい。

    ベネツィア・ビエンナーレの石上純也の作品紹介にかなりのページを割いている。石上純也のKAIT工房を見学しに行ったこともあるし、大好きな建築家の一人ではあるが、「建築と植物」というタイトルの本書で、確かに建築と植物の関係性を考えて作った建築なのだろうが、作品紹介にページを割くのはやめて欲しいなぁと思う。そこは自分の作品集として本にまとめて出せばいいんだから、藤森さんにしろ、平田さんにしろ、ここで自分を宣伝するのはちょっと強引だなぁという感じがしてしまった。

  • 建築と植物の関係を歴史的に説明したのち、石神をぜっさんする五十嵐。

    三谷さんのコラムが面白かった。壁面緑化は嫌いとかね。

  • 建物にも、華がなくっちゃね。

  • やれやれ建築による食い散らかしが始まったようです。まずは植物です。建築家とはいろんなものを丸呑みして建築化してしまう"肉食獣"のようだ。似たようなことをしようとしている僕を正当化するわけではないが、もっと謙虚に情と非情をゆらしながら建築の"精子"を挿入して建築にしようとは思わないのか。"精子"のほうがよっぽど人間らしい。僕たちは人間であることを忘れてはならない。といいながらも、やっぱりものを考えてそれをカタチにして表現している彼らは尊敬もするし、ものを考えてる時点ですでにK点を越えている。

    内容の半分はベニスの建築ビエンナーレについてだけど、大場秀章氏のファーブル昆虫記は知っとくべきだし、四方幸子氏のセンシング・インビジブルやdoble Negative Architectureのsuper-eyeについての紹介は幅が広がるし、平田氏はいつも同じだし、田中浩也氏の生態電位は面白いけど安直だし、藤森照信氏はなんだか酔っぱらってるみたいだった。全部五十嵐氏で著されていなくてすごく良い◎ ここに養老氏も参加させて欲しかった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年、フランス・パリ生まれ。建築史家、建築評論家。東京大学工学系大学院建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。東北大学大学院工学研究科教授。『ル・コルビュジエがめざしたもの』(青土社)、『日本の建築家はなぜ世界で愛されるのか』(PHP新書)、『日本建築入門――近代と伝統』(ちくま新書)、『新編 新宗教と巨大建築』(ちくま学芸文庫)、『現代建築に関する16章』(講談社現代新書)など著書多数。

「2018年 『白井晟一の原爆堂 四つの対話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五十嵐太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
隈 研吾
東京大学工学部建...
村上 春樹
村上 春樹
ル・コルビュジェ
柄沢 祐輔
有効な右矢印 無効な右矢印

建築と植物を本棚に登録しているひと

ツイートする