恋愛時間 (アイス文庫)

著者 :
制作 : 紺野 キタ 
  • オークラ出版
3.89
  • (18)
  • (16)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872788853

作品紹介・あらすじ

突然、ずっと可愛がってきた会社の後輩の広瀬に、「好きです」と告白されて、有田はびっくり。人のよい、おだやかで優しい男を、有田も嫌いじゃない。しかし、男同士なのだ…。男の自分に、女を見るように「恋している」んだと知り、そう意識してしまうと、有田は今までのように接することができない。自分を見つめるせつなく熱い視線にとらわれて、落ちつけない有田は、とうとう広瀬を呼び出すが…。-みんなも恋がしたくなる、優しい恋物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年読了

  • 攻めくんの弟視点の「兄の恋人」が一番よかった。
    連作短編?4作だけど、後になるに従って心に染みてくる。
    一作目は、ふーんって感じ。
    受け視点なのに、受けが攻めに惹かれていく心の動きがイマイチぴんと来ない。
    そういえば、「箱の中」も受けの攻めへの想いに違和感があったんだっけ。

  • 『LOOP』とは違って正統派BL!面白かった、というか安心感を持って読めた。
    最終的に幸せになったので良かったー。きゅんきゅんした。

  • これもなんか痛々しくて読めなかった…

  • LOOPのスピンオフだけど普通のBLリーマン恋愛模様。
    こっちには輪廻がどうのとかは全然無かったw 息抜きになりました。

    • みなみさん
      これってLOOPのスピンオフだったっけ?? 全く意識せずに読んでたかも^^; 木原にしては、珍しく痛くない、むしろ地味すぎるリーマンラブで、...
      これってLOOPのスピンオフだったっけ?? 全く意識せずに読んでたかも^^; 木原にしては、珍しく痛くない、むしろ地味すぎるリーマンラブで、「何があった…?」ぐらいに思ってた記憶しかないw
      2012/08/29
    • Sさん
      スピンオフだよ~LOOPの受けの兄貴のお話ですね。読んでて「んっ?」ともならないとは流石の記憶力w たまにこの位のリーマンラブが欲しいから丁...
      スピンオフだよ~LOOPの受けの兄貴のお話ですね。読んでて「んっ?」ともならないとは流石の記憶力w たまにこの位のリーマンラブが欲しいから丁度良い!
      2012/08/29
  • 『BLの王道』を素でいってます。
    冴えない後輩×出来る上司というリーマンものなんですが、出来る上司は
    上司でも、受の有田は外見は普通、生活レベルも普通、中身も普通、という普通づくしの人です。
    攻の広瀬はこいつどうにかしてやれってくらい、いろいろと鈍い。

    大人の恋愛という感じがして、全体的にしっとりとしたできあがり。
    甘くてちょっと切なくて、互いが互いを大切に思っていて、本当の意味で
    思いやりに満ちているので、それがすれ違う様がなんとも切ないです。
    特に、広瀬の妹に嫌がらせを受けた有田が、そのことを何も口にせずに
    別れを切り出すシーンは、本当に大人の男としての魅力に溢れていて、
    涙腺が緩くなりました。

    この話は『LOOP』とリンクしてます。

  • ストーリーは木原さんらしい切ないかんじだったので良かったのですが、キャラにあまり魅力を感じなかったのが残念。
    なんていうか普通すぎる人で…リアリティがあっていいとは思うんですけど。
    ツボではなかったかな。

  • MP購入

  • サラリーマンBL。
    コールドシリーズとは全く別の意味で、大事な本。

    ノベルズ版も持っていましたが、書き下ろしがあるとのことで購入。
    購入して良かったと思います。

  • サラリーマン(後輩×先輩) LOOPスピンオフ 
    木原さんの本だから、広瀬くんあたりが思い余ってレイプしちゃうのかと思ったら、暴走したのはまさかの川上くんwww
    メインカップルはラブラブでした。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

木原音瀬 (このはら・なりせ)
高知県生まれ。1995年「眠る兎」でデビュー。不器用でもどかしい恋愛感情を生々しくかつ鮮やかに描き、ボーイズラブ小説界で不動の人気を持つ。『箱の中』と続編『檻の外』は刊行時、「ダ・ヴィンチ」誌上にてボーイズラブ界の芥川賞作品と評され、話題となった。ほかの著書に『秘密』『さようなら、と君は手を振った』『月に笑う』『ラブセメタリー』など多数。

「2018年 『罪の名前』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恋愛時間 (アイス文庫)のその他の作品

恋愛時間 (I’Sノベルズ) 単行本 恋愛時間 (I’Sノベルズ) 木原音瀬

木原音瀬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木原 音瀬
木原 音瀬
有効な右矢印 無効な右矢印

恋愛時間 (アイス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする