封印―史上最強のオタク座談会

  • 音楽専科社
3.78
  • (3)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872790238

作品紹介・あらすじ

オタキング・岡田斗司夫、正しい音楽家・田中公平、と学会会長・山本弘の超過激爆裂トーク。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  90年代後半に行われた、岡田斗司夫さんと田中公平さんと山本弘さんによる座談会を収録した本。色んな監督とか声優さんの悪口がたっくさん。伏字も入るけど、名前が六文字もある声優なんて何人もいないわけだからあんまし意味がないぞ。

     面白かったのが、付録座談会の「ノストラダムス大いに笑う!」。ちょうど99年の6月に収録した座談会で、「来月世界が滅ぶらしいよ〜」とかほのぼの話してる。あったなー。そのとき小学生だった僕も買ったな、大予言本。

     アオイホノオに出てきた岡田斗司夫さんの実家の核シェルタは、この予言を信じちゃった両親が建てたものらしい。我に返って後に埋めちゃったらしいけど。

  • 【共著:山本弘 田中公平】

  • 岡田斗司夫、山本弘、田中公平の対談本です。

    内容に関しては6割り方伏字なんで結構ヤバいです。
    アニメ業界を探りたい方にとってはお勧めの一冊です。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1958年大阪府生まれ。社会評論家。1984年にアニメ制作会社ガイナックスの創業社長を務めたあと、東京大学非常勤講師に就任、作家・評論家活動を始める。立教大学や米マサチューセッツ工科大学講師、大阪芸術大学客員教授などを歴任。レコーディング・ダイエットを提唱した『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)が50万部を超えるベストセラーに。その他、多岐にわたる著作の累計売り上げは250万部を超える。

岡田斗司夫の作品

ツイートする