よい獣医さんはどこにいる

著者 :
  • WAVE出版
4.43
  • (5)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872900835

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 推薦入試の面接対策として使っていた。気がする。

    おかげで見事合格できました(笑)

    大学入ってからも5年生の先輩が
    「この本いいよね~」といって
    読んでいたので、
    獣医学生にとっても参考になると思う。

  • 概要
    人間以上に多い動物診療に関わる事故、クレーム。その理由は技術不足であったり、飼い主へのインフォームドコンセントの欠落であったり。問題は獣医や飼い主個人にもあるわけだが、動物医療をめぐる諸制度にも起因している。
    では、よい獣医さんは、どこにいる?どう判断すればいい?高価な機材が整っていれば診療にまちがいなしというわけではない。経験豊富で診断に勘が冴え、鮮やかな施術を行える先生なら万全というわけでもない。
    よい獣医さんにめぐりあうためには、飼い主自身の自覚と実行にある。自分のペットの健康を管理し、動物病院/獣医師を観察評価する力を養い、動物病院/獣医師とよりよい信頼関係を築くようにすること。理想的にはペットを飼う前から/獣医師に相談することから始めるよう説いている。
    巻末のチェックリストでチェックすれば、動物病院/獣医師がよい獣医さんなのかどうかが、判断できるだろう。

    感想
    飼い犬が膀胱炎になり、獣医とのコミュニケーションに困難を感じ、読んだ本。出版から10年ほど経っているので、日本の獣医療の現状の記述としては、過去のことになっているかもしれない。(過去のことになっていてほしい。でなけりゃ、愛犬家として非常に不安になる)しかし、よい獣医を見つけるための考え方を会得するステップとしてこの本を読むことは未だに意義が大きいと思える。
    獣医療の向上は、飼い主の意識にも大きく関わっている。意識の高い飼い主が増えれば、、動物病院/獣医師もそれなりの対応を迫られるし、獣医療をめぐる諸制度の改正にもつながる。また意識の高い動物病院/獣医師なら、それを何より望んでいるだろう。それらが獣医療のレベルの底上げとなる。この本にもそんな趣旨のことが書かれている。

  • 理想の獣医さんを探すのは大変だけど、どういうところに気をつけて
    獣医と付き合えばいいのか、どんな獣医が問題なのか、
    チェック項目もあり、あらためて病院選びを考えさせられる一冊。

  • 獣医さんについて考えさせられる本。
    自分や飼い犬のために良い獣医さんを探すための手ががりとなる本です。

全5件中 1 - 5件を表示

よい獣医さんはどこにいるのその他の作品

坂本徹也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

よい獣医さんはどこにいるを本棚に登録しているひと

ツイートする