男達(おとこだて) 現代が失ったオトコの神髄

  • WAVE出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872902433

作品紹介・あらすじ

現役カリスマヤクザ浪川政浩が初めて語る自らの生き様。作家・明石散人が九州誠道会理事長、村上一家四代目総長・浪川政浩と対談。本物の男の生き方「男達(おとこだて)」を明石氏の稀有な歴史考察を元に説く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯表
    現役カリスマヤクザ浪川政浩が初めて語る自らの生き様
    作家・明石散人が九州誠道会理事長、村上一家四代目総長・浪川政浩と対談。
    本物の男の生き方「男達」を明石氏の稀有な歴史考察を元に説く。
    帯背
    作家×ヤクザが語る本物の「男」論
    帯裏
    「私は人生に起こることの最終的な責任はすべて自分に求めますが、それは自分が立ち直るためです。
    自分を責める時や自分に落ち度があった時、若いうちは自己嫌悪に長く陥ることがありましたが、歳をとって体験が豊富になり心の鍛錬が積まれるうちに、全ての責任が自分にあると思うことで立ち直りは早くなりました。
    全てを自分が引き取っていないと人を責めなければなりませんが、人を責め抜いた後、自分に残るのはもの凄く不快な気持ちだと感じたんです。
    結局、自分に全て課して自分で消化した方が自分のためです」[本文より]

全2件中 1 - 2件を表示

明石散人の作品

ツイートする