かしこい奥さま心得帖

  • WAVE出版
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872902723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すべてではないけど、いろいろ勉強になりました。自分にしてみたいものを挑戦したいと思います。

  • ためになった。

    夫婦の状況ってほんと様々なもんだな、とも改めて思った。義理親と同居だったり、仕事フルタイムしてたりパートだったり。田舎だったり都会だったり。

    自分の家庭の最適な、居心地いい暮らし方を自分で見つけて組み立ててゆくのが大事だしそれも楽しみの一種かな、と。

  • お手伝いや女性らしいことをしてこなかった私にとっては、超基本な日本の奥さまのこなし方が勉強になりました。押し付けることなく、エッセイのように軽く読めるので、子育てをしながらでも最後まで読めた本です

  • ◆こんな方にお勧め!
    ・幸せですてきな奥さまになりたいママ
    ・かしこい奥さまって?と思うパパ


    ◆内容(「BOOK」データベースより)
    家事は忙しいし、姑は勝手だし、夫は何もしてくれないし、奥さまは大変!
    でも、基本がわかれば、もう大丈夫。さっそく、バタバタ、アタフタしない、ステキ で愛らしい「かしこい奥さま」になりましょう。平日の家事、姑との付き合い、贈りもの、冠婚葬祭、貯金、保険…この一冊で、奥さまの悩みはすべて解決。


    ◆感想
    私は奥さまではありませんが、家事をしますので大変さはよーくわかっています。

    いつもわが家の奥さまには感謝でいっぱいです。

    さて、そんな忙しい奥さまが素敵な奥さまになるための心得があります。

    もちろん素敵な旦那さまになるためにも役に立つものだと思います。

    それでは、らくメンの3つのポイントを紹介します。



    1.夫をイクメンにするために

    夫にもっと家事を手伝ってもらいたいなぁ、もっと積極的に家事や育児に取り組んでほしいなぁ、そんな思いで日々過ごしているママさんは多いと思います。

    実は夫としても本心は家事や育児をやってあげたいと思っている人がけっこういるんです。

    なぜできないかというと、やり方がわからないだけという場合も多いです。

    そして、素直に奥さまに聞けない夫も多くいるんじゃないでしょうか。

    そんな手伝いたくてもできない夫に対しては、かしこい奥さまが丁寧に1つ1つの仕事を教えてあげるのです。

    そして、ちょっと失敗しながらもやってくれたときには、「ありがとう」と感謝をしてあげてください。

    夫はせっかく頑張ってやったときに、「なんでちゃんとできてないの?」とダメだしされると、めげてしまうんですね。

    ですので、ちゃんと感謝した上で、「次はこうしてくれるとうれしい」と改善点を伝えると次も頑張ってくれると思います。



    2.夫との時間を楽しむために

    自分の時間を楽しむ夫だと、なかなか夫婦一緒に楽しむ時間がとれなかったりします。

    そんな夫と楽しい時間をすごすために、かしこい奥さまは夫が楽しんでいることを楽しんでみるのです。

    たとえば、わが家の例でいくと、私は家にいるときはゲームをしたり、ガンダムのプラモデルを作ったりします。

    一緒に楽しむために奥さまはガンダムの話をしたり、ゲームを一緒にして楽しんでいます。

    もちろん、どうしても一緒に楽しめないというときもあると思いますが、そんなときは月に一回は奥さまの趣味に付きあってもらうというルールを決めてしまうこともアリですね。

    一緒に長く暮らしていく夫婦として、お互いのやりたいことを譲り合う気持ちは大切なので、たとえルールであってもお互いが楽しめる環境づくりをしていくことが重要じゃないでしょうか。



    3.奥さまが生活を楽しむために

    奥さま自身が生活を楽しむためには、奥さまもおこづかいをもらうようにするとよいです。

    夫は自分で稼いだお金でおこづかいをもらって好きなように使ってますが、奥さまですと、特に専業主婦の場合、何かを買うのに気がひけてしまう人は多いようです。

    確かに働いてないということを理由に、「何もせずに好きなものを買えていいよな」と思う夫もまだまだいるんじゃないかと思います。

    しかし、奥さまは家事・育児をこなし、日中働いている方は仕事もこなすという大変な苦労をしているのです。

    男性と違い、化粧品など女性に必要なものも多くあるので、奥さまもおこづかいをもらって気がねなくお金を使えるだけで、日々の生活が楽しくなります。

    もちろん奥さまが楽しく過ごせば、夫も奥さまの楽しい気持ちが伝わってきます。

    結果、夫も楽しくなりますよね。

    そんな男性がもっともっと増えるといいですよね。

  • わかりやすく軽やかに書いてあるけど、なかなか重要な家事ポイントを鋭く押さえていると思う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

時間デザイナー。1999年に「時間簿」を考案して新聞・雑誌、テレビで取り上げられ全国的に話題となる。時間簿は多くの女性や最近ではビジネスパーソンに支持され、論文や大手企業の人材開発、学校教材、マーケティングに採用される。これまでに3000人以上にのぼる調査をおこない、時間意識や生活時間を分析する。教育委員会、男女共同参画センターなどの行政機関、大手企業で、時間のつかい方、片づけについて数多く講演する。最近は、ギターとライヤーの弦楽器を弾き、自然たちの音を愛し時間のない次元にシフトして「今、ここ」にある。主な著書に『かしこい奥さま心得帖』『愛され奥さま心得帖』『「忙しい」という人ほど、実はヒマである理由』(WAVE出版)、『「ワタシ時間」をつくる時間簿のすすめ』(講談社刊)、『聡明な女性の時間の節約生活』(三笠書房刊)、『人生の成功は「水曜日」に決まる』(成美堂刊)、『テーブルをきれいにするだけで幸運がやってくる!』(マキノ出版刊)、『残業ゼロになるビジネス時間簿』(祥伝社刊)他多数。

「2015年 『モノを持たなければお金は貯まる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あらかわ菜美の作品

ツイートする