なぜ、改革は必ず失敗するのか-自治体の「経営」を診断する

著者 :
  • WAVE出版
3.82
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872903324

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【MM239 mylibrary マイライブラリ・アウォード!2008 2009/1/21】


    《次点1》『なぜ、改革は必ず失敗するのか~自治体の「経営」を診断する』(木下敏之著、WAVE出版、2008年)
         http://tinyurl.com/54v82t

     (コメント)著者は改革派市長としても名の知れた前佐賀市長。首長経験者の著書も増えてきました。やはり実務を通して見た経験は有益なものです。ちなみに、現在破綻した夕張市において医療活動を行う法人の支援を行っております。確かメルマガの読者数に応じて広告収入が増えるという仕組みをとっています。興味のあるかたは登録してみてください。


      参考:『生活者起点の行政革命』http://tinyurl.com/bafz6 →マイライブラリ・アウォード!2005【第5位】
                                   【MM091】マイライブラリで紹介。
         『市町村崩壊』http://tinyurl.com/8qqym →マイライブラリ・アウォード!2005【第10位】
         木下敏之行政経営研究所 http://www.kinoshita-toshiyuki.net/
         医療法人財団夕張希望の杜 http://www.kibounomori.jp/

  • 著者は元佐賀市長であり6年半改革に取り組んだ。読むと示唆に富む部分もあるし、市と町村では条件が違うなと思う事も多々ある。著者は最後に落選する事になったが、市民の理解を得られなかったのは何故か?木下市政の事を外部から評価した本も読みたいものである。

  •  元国の役人で佐賀市長になった著者の市長時代の改革や考えなどが書かれた本。
     様々な改革をしているが、現場の職員からは自分の所管の事業をなくすとか定数を減らすということなどはなかなか出て来ないと思うので、かなりの部分をトップダウンでやってきたのではないかと思う。職員は大変だったと思うが・・・
     3年前の発行と情報は少し古いものもあるが、大変読みやすい本であった。

  • 20100923

  • 佐賀市

  • 前著「日本を二流IT国家にしないための十四ヵ条」に続いての作品。
    電子政府・自治体について考える,ITエンジニアの視点から読ませていただいた。
    著者の文章は,前作同様で読みやすく,また問題点が明確に記されているので,非常に勉強になった。
    また,問題点の指摘だけではなく,解決策も示されているので,その点も良。
    理系の自分には,文系の視点が欠けているため,その部分を補うという意味で,大変に良書であると思う。


  •  評価はいろいろあるとも思うのですが、
    切り口として、「十分にあり」だと思います。

     後半の記述について、
    もうちょっと話を聞いてみたいと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

木下敏之の作品

ツイートする