松下幸之助 成功の法則

著者 :
  • WAVE出版
3.74
  • (4)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872903973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 松下幸之助の秘書を務められた方の体験。
    松下幸之助の側で接してこられた方の貴重な本。タイトルの法則というよりも、日頃からの心構えがまとめられた本。とてもよかった。松下幸之助の事をもっと知りたくなる本。以下抜粋。
    ----------------------------------
    ・「まず大事なのは、ダム経営をやろうと思うこと」
    →失笑がわく中、ただ一人稲盛さんが感動していた。
    ・好きなものが見つからない、ということのは自分のことだけ、自分の周辺のことだけを考えているから。
    世界を中心に考える、宇宙を中心に考えると、夢が生まれてくるし自分のやりたいことが生まれてくる。
    ・今日一日を振り返ると反省すべきところがいくらでもある。その反省に徹した時、あらゆる革新が生まれてくる。
    ・自分より他人のこと。そのように発想し、行動したほうが、結果的には高い評価と成功を得ることになる。
    ・100%のことを部下に伝えようとするならば、責任者は1000%の思いをこめないといかん。
    ・個性というのはいわば拘束がないと発揮できんのや。
    ・方針というのは
    ①基本理念
    ②具体的目標
    ③理想
    の3つ

  • 知人に勧められ、読みました。
    稲盛和夫氏、本田宗一郎氏の本とは全然違う切り口でした。仕事の枠を超えた、人生哲学にまで踏み込んだ内容でした。

    著者が秘書を務めていた方だけあって、かなりその場の情景が目に浮かぶような、臨場感溢れる文章でした。松下幸之助氏の声が聞こえるようでした。

    最近読んだ、スピリチュアルな本とも通じるところがありました。今までの財界成功人の本と異質ではありますが、一番得心がいった本でした。

    仕事の姿勢と、人としての姿勢、ここを結びつけてくれたのは、この本が初めてでした。

  • 一つ一つ項目が分けられていて読みやすい。ただ、別の本と比べて新しいことはなさそう

  • トークスCDで要点を耳勉。
    とても勉強になった。

  • 【読みたい】
    青野 慶久『ちょいデキ!』より。

  • 2011/8/11
    上を目指すための基本的な法則が書かれている。
    もう一度読みたい。

  • こんな社長のもとで働きたかった。

    尊重、尊敬、これを無しに人はついてこないんだと本当に思う。

    この人のために頑張ろう。そう思われる人には、かならず熱意と感動、尊重がある気がする。

    効率ばかりを求める世の中は、本質を見失っている気がした。

    松下さんは、毎日、夜に一日の反省をするという。
    私も日記をつけて、反省と感謝を日々大事にしたい。

  • 松下幸之助が興したPHP研究所で、松下の秘書として
    23年間直に松下の指導を受けた著者が綴った、成功の法則。

    成功のために
    大切な事

    熱意
    感動させる
    素直な心
    育てる心

    心を開いて相手の意見をしっかり聞く
    「衆知を集める」
    この人は、自分よりもいい面を持っている
    相当な力を持っていると思って接していた。
    相手が年齢、身分がどうであろうとすべての相手の本質を
    心から評価して話を聞いていた。

    これをされると相手は凄く感動する。

  • 成功するには、しごく当たり前のことが大切なんだと気づかされました。後半はどちらかというと経営者の方に向けて書かれていますが、わたしのようなこれから社会に出るものからすると「こんな風に考えてるんだ」とか「こんな方向性を持った人の下で働きたい」という別の視点から読めて面白いです。法則四の冒頭エピソードには、不覚にも涙が出てしまいました。

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

江口 克彦(エグチ カツヒコ)
(株)江口オフィス代表取締役社長。1940年2月1日名古屋市生まれ。愛知県立瑞陵高校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。政治学士、経済学博士。故・松下幸之助氏の直弟子とも側近とも言われている。23年間、ほとんど毎日、毎晩、松下氏と語り合い、直接、指導を受けた松下幸之助思想の伝承者であり、継承者。松下氏の言葉を伝えるだけでなく、その心を伝える講演、著作は定評がある。現在も講演に執筆に精力的に活動。参議院議員、PHP総合研究所社長、松下電器理事、内閣官房道州制ビジョン懇談会座長などを歴任。著書に『凡々たる非凡―松下幸之助とは何か』(エイチアンドアイ)、『松下幸之助はなぜ成功したのか』『ひとことの力―松下幸之助の言葉』『部下論』『上司力20』(以上、東洋経済新報社)、『地域主権型道州制の総合研究』(中央大学出版部)、『こうすれば日本は良くなる』(自由国民社)など多数。

江口克彦の作品

松下幸之助 成功の法則を本棚に登録しているひと

ツイートする