気が利く人の押さえどころ~仕事と人生を「好転」させる33の小さなルール~

著者 :
  • WAVE出版
3.38
  • (1)
  • (7)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872904352

作品紹介・あらすじ

挨拶、受け答え、書類、振舞い…相手を思った「ひと工夫」で、あなたの評価は上がる!普通のOLだった著者が、数々の有名企業を手がけるコンサルタントになった"本当の理由"。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良い気づきがありました。

  • 気を利かせることは、相手を想った一工夫、想像力。周囲を観察し、お客様(相手)を喜ばせることが、仕事。メモ。(1)観察力と思いやり。適切な質問といいなを言葉に出すこと。(2)指示の真意を確認する(3)正しい遠慮をする。具体的にお願いはする。

  • 気が利く人に近づくために読みました。要は周りの気持ちをいかに考えて動けるかということにつきそうます。明日からの実践を一つ『よいことの“また聞き”はどんどん本人に伝え、逆に悪い内容のことは絶対に伝えないー。』このことで周りの人間関係がいい空気になっていきそう。明日からやろう(^_^)

  • 図書館で借りて読みました。
    著者は、気がとても利く方で素晴らしいと思うけど、
    ここまですると周りの人間がちょっとツライかもしれないと思ったり・・・・
    ま、私が気が利かない人間なだけですけれども。

  • 気を利かすことって大事だなって思いました。
    そんな素敵な人になりたいです。

全6件中 1 - 6件を表示

柴田陽子の作品

ツイートする