救う男たちII~東京消防庁で日々「人の命」と向き合う隊員たち~

著者 :
  • WAVE出版
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872904482

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 消防を取材したノンフィクションの第2弾。前作ではハイパーレスキュー隊を取り上げていたけど、今作では他の消防隊の地道な努力を取り上げたいと言う作者の思いで、水難救助隊や特殊救助隊の養成講習への密着や救急隊の実情などを綴っている。警察、自衛隊、消防隊…自分がなりたかった夢である。その夢を実現出来なかった反動で、この手の小説を読み漁るようになった。そこである程度の知識は得られるものの、実際のインタビューなどで伝わる働く人たちの実情や、仕事に対する思いはすごく重い。そして、私たちが安心して暮らせるために、相当な努力をしていること、きちんと胸に留めておこうと思う。アメリカやヨーロッパでは「ファイヤーマン」はヒーローだと言う。日本では、存在して当たり前。そして、不祥事を起こせば、面白おかしくメディアのさらし者になる。不祥事を許そうとは思わないけれど、人を救ったり、助けたりするために、一生懸命だと言うことも忘れてはいけないと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1960年東京都生まれ。明治大学文学部演劇学専攻卒業後、ライターとして活動をはじめる。女性の生き方を中心に、恋愛・結婚問題を中心に執筆している。著書『人はなぜ不倫をするのか』『夫の不倫がどうしても許せない女たち』『日本一赤ちゃんが産まれる病院』など多数

「2017年 『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』 で使われていた紹介文から引用しています。」

亀山早苗の作品

救う男たちII~東京消防庁で日々「人の命」と向き合う隊員たち~を本棚に登録しているひと

ツイートする