そうか、君は課長になったのか。

著者 :
  • WAVE出版
3.78
  • (118)
  • (239)
  • (180)
  • (18)
  • (8)
  • 本棚登録 :1526
  • レビュー :219
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872904499

作品紹介・あらすじ

課長時代に、病に倒れた妻と自閉症の長男を守りながら、部下をまとめ上げ、数々の事業を成功させた「上司力」の真髄。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◾︎課長の仕事
    1、課の方針策定
    2、部下の監督と成長
    3、経営と現場のコミュニケーション
    4、社内外の政治

    ・在任中に何を成すか?を決め、プライオリティをつけて、リソースを突っ込む
    ・部下の仕事に手を突っ込めるのは課長だけ
    →部下の能力を見極めて指示を出す
    ・部下の人生にコミットする
    ・異端児を大切に。ダイバーシティー、

  • 数人の部下(後輩)を、「公平」に扱うことを考える時に、参考になりました。

  • 「君はこの課がどんなふうになればいいと思う?」「どんな新入社員がほしい?」はモチベーションを高める質問だなあ。

  • 中間管理職の入門書でありバイブル。
    印象に残った2点は、
    ・重要性を1から5までで数値化すると、たいていの仕事は2か3。4,5の仕事は全体の2割程度のはず。この2割を頑張るべき。
    ・課長になってから課長の勉強をしても遅い。1つも2つも上の職責の意識で仕事をすべし。

  • 渕上さんが読んでいたので習って読んでみようと思って手に取った本。
    課長どころかまだまだ一般社員なので、実感がなくあまり刺さらなかった内容。
    そのうち読み返したらおもしろいのかも。

  •  著者は自閉症の息子や肝炎や鬱を患う妻を助けながら様々な工夫して仕事でも業績を上げ、東レの取締役や関連会社の社長を務めた人物。自らの経験に基き、新任マネージャーの心得を架空の人物(かつての部下という設定)に宛てた手紙の体裁で説いていく。
     自分も課長になってまだ日が浅いので、平積みされた本書のタイトルが目に付いて読んでみた。内容的には作品の設定どおり、課長になった時に元上司あたりが説教してくれそうな「マネジャーの心得」がシンプルな表現で並んでいる。目新しい着眼点や方法論が示されるわけではないが、迷いを感じた時に原点を見直すには好適の一冊。

  • 課長の座右の書。
    係長に昇格を目指す人にも、2階層上の立場に立つ習慣をつけられるよう勧めている。本書でも勧めている「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」も座右の書。

  • 本屋で目につき購入。

    (感想)
    ・尊敬する先輩に語りかけてもらう感じで、読んでいて面白い。
    ・一気読み可能。

    (備忘録)
    ・何よりも大事なことは志を持つこと。
    ・プレイングマネジャーにはなるな。今までの担当としての仕事の延長線上にあると考えるのは間違い。部下の仕事をやってしまうと、課長の自分がやるべき仕事を放棄することになる。課長の最重要ミッションは、部下の監督と成長、及び組織内での上下のコミュニケーション。
    ・前任課長からの引継ぎを鵜呑みにしない。一応聞いておいて、あとは自分で確認。
    ・部下と面談する。部下の担当業務についてではなく、「君はこの課がどんな風になればいいと思う?」など、部下の職責とは関係ないレベルのことも聞く。
    ・在任中に何を成すかを決める。遅くとも着任した2ヶ月以内に決める。目標をブレイクダウンして、優先順位をつける。
    ・はっきりと言葉にする。空気を読むとか、阿吽の呼吸が仕事をダメにする。
    ・人事評価ではじぶんをおしころす。自分の価値観から離れてみる。部下がやるべきことをやっているならば、そのことは評価する。
    ・やる気の落ちた部下がいたらじっくり話を聞きなさい。酒を飲みながらではなく、素面で向かい合う。
    ・部下のミスについて。再びミスをしないようにしてあげるのが部下を守るということ。
    ・部長に、定期的に時間をとって報告し、相談する。
    ・「私たちは、部長が親しみの表現として気さくにしてくださるのは理解してますが、彼女はそう受け取っていない様なので、今後は接し方を変えて頂くようお願いします。」。

  • ・自分の仕事が課全体の役に立ち、会社全体の役に立ち、社会全体の役に立つことがなければ、本心からやる気を起こすことはない。

    ・課長が相手にする部下は数も多く、能力、学歴、年齢、意欲などもバラバラである。

    ・プレーイングマネージャーとして具体的業務に埋没しては、部下からは課長になりたくないと思われる。
     課長の業務は
     ①課の方針策定
     ②部下の監督と成長
     ③経営と現場とのコミュニケーション
     ④社内外の政治

    ・信念を示す。
     全員と面談する。
     上司を味方につける。定期的に報告し相談する。

    ・ダイバーシティ
     異質な考え方の提案によって、組織の中にコンフリクトが起こり、既存の考え方の検証が行われ、それがイノベーションを起こす。

  • 課長の心得本
    課長は会社の最小組織のリーダー
    褒める8割、叱る2割
    話す2割、聞く8割
    相手の長所を見て、好きになる努力を

全219件中 1 - 10件を表示

そうか、君は課長になったのか。のその他の作品

佐々木常夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
小池 龍之介
村上 春樹
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

そうか、君は課長になったのか。に関連する談話室の質問

そうか、君は課長になったのか。を本棚に登録しているひと

ツイートする