蟹座

著者 :
  • WAVE出版
4.32
  • (59)
  • (36)
  • (16)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 305
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872904659

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終わった。と書いているが実は何度目かの読み終わり。
    これが出てすぐに買って読んで、たまに読み返しては、「あー、そうね。そうなのよ」って、うなづいてる。
    占いというか、私の取扱説明本みたいな感じw
    石井ゆかりさんは、絶対に否定的なことは言わない。
    だから、たまーに読み返して、ほんわかした感覚になる。
    占いって、本来はそういうものだと思う。
    人を不幸にしたり、悩ませたりするのは、占いじゃない。
    人を前向きに、方の力を抜けさせて前進するためのものだと思う。
    信じるか信じないかは、その人次第で私はよいと思う。そんな世界の話。

  • 蟹座の人の感情について、イメージがつかめるようになった一冊です。

    自分の星座とは全く違う世界観で、そこが魅力的で。

    蟹座のことを、今まで以上に大切に思えるようになりました。

  • 耳が痛いような、ストンと心に落ちるような。
    「誰よりも臆病なくせに、誰よりも、危険な場所につっこんでいく」だって。

  • 蟹座の象徴、水を想像させる内容。甲羅の例えも詩的。

  • 占いの本は自分に当てはまると思うから信じれるものだと思います。蟹座の人は、帯に書いているには「誰よりも臆病なくせに、誰よりも、危険な場所につっこんでいく」感情的な人だそうです。

  • 蟹座のチャームポイントは胸、子宮、胃。

  • 2017年4月15日に紹介されました!

  • 殻を作って内と外を分ける。勝算も勝率も考えず、果敢に突進していく。そして負ける。落ち込むと内にこもる。でも、立ち直る。ページの向こうに蟹座の友人が見えました。ヘラに遣わされ、ヒュドラを助けようとして、ヘラクレスに殺された大蟹。間抜け扱いされがちな神話のエピソードに価値を見い出す優しい視点。

  • 2012/09/22購入・12/12読了。

    かに座の友人に重ねあわせながら読みました。彼女らの内心はさそり座の私には分からないものだということがわかりました。

  • 久々に占い系の本を読んで、なんだか夢の世界に入ったような時間を過ごせた。
    たまに、ふとした時に、読むと心が落ち着くだろうなぁと思った。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。2010年刊行の「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部を超えるベストセラーになった。『12星座』『星をさがす』(WAVE出版)、「3年の星占いシリーズ」(文響社)、『禅語』『青い鳥の本』(パイインターナショナル)、『新装版 月のとびら』(CCCメディアハウス)、『星ダイアリー』(幻冬舎コミックス)ほか著書多数。
Webサイト「筋トレ」http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/

「2019年 『月で読む あしたの星占い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蟹座のその他の作品

蟹座 Kindle版 蟹座 石井ゆかり

石井ゆかりの作品

蟹座を本棚に登録しているひと

ツイートする