星をさがす

著者 :
  • WAVE出版
3.84
  • (24)
  • (29)
  • (33)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 400
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872905519

作品紹介・あらすじ

「12星座シリーズ」石井ゆかりの最新刊。夜空に輝く、「自分の星」を見つける。星に願いを、かけたいときに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブクログ本棚で見かけ、読み始めました。
    はじめに・・
    ディズニーの名曲「星に願いを」が、書いてありました。
    ”When you wish upon a star
    Make no difference who you are
    Anything your heart desires
    Will come to you”
    「星に願いをかければ、あなたがだれであろうと、
    心に抱いたのぞみはすべて 叶えられるでしょう」・・

    この本は、「本のプラネタリウム」だそうです。
    今後お誕生日に、生まれた日とほぼ同じになるという星空に、思いをはせることになりそうです!・・また、
    ほぼ19年ごとに、月も「生まれた時の場所」に戻ってきます。
    19歳、38歳、57歳、76歳、95歳のお誕生日には、
    太陽と月の両方が、生まれた時と同じ星座に位置することになるとのこと。
    サイクルとタイミング・・調べる価値ありです。
    自分の星を見上げる~いい言葉でした!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「この本は、「本のプラネタリウム」だそうです。」
      ヒネた私は占いについては、悲観的に考えてしまって苦手なのですが、星に想いを馳せるのは好きで...
      「この本は、「本のプラネタリウム」だそうです。」
      ヒネた私は占いについては、悲観的に考えてしまって苦手なのですが、星に想いを馳せるのは好きです。
      プラネタリウムを眺めるように、見るコトの出来る本だったら素敵かも、、、
      2013/08/05
    • setuさん
      nyancomaruさん、アリガト♪
      空を見上げてばかりいますので、私は想いばかり馳せています。
      占いは、今は気にならないんですよ!年...
      nyancomaruさん、アリガト♪
      空を見上げてばかりいますので、私は想いばかり馳せています。
      占いは、今は気にならないんですよ!年のせいかな・・
      2013/08/07
  • 図書館
    占星術的な視点から実際の夜空を見上げてみよう、な本。
    写真も豊富でなかなかいいね

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「夜空を見上げてみよう、な本。」
      ふ~ん、何だか良さそうだな、、、
      「夜空を見上げてみよう、な本。」
      ふ~ん、何だか良さそうだな、、、
      2013/08/03
  • カテゴリ未設定持ってる持ってない持ってない実家実家持ってない持ってない[+] 新しいカテゴリを追加


    「自分の星」の意味を知って、それに自分の人生を重ねてみたりすることで、なんだか元気になれる。占いは信じないが、こんな星占いなら素敵だなって思う。昔、実家の庭で満点の星空を眺めて星を観察したときのワクワクした気持ちとかを思い出して、なんだかキュンとした。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「星空を眺めて星を観察したときの」
      山の上で星を眺めると、空に吸い込まれそうで神秘的な感じになります。

      この本はタイトルも装丁も素敵ですね...
      「星空を眺めて星を観察したときの」
      山の上で星を眺めると、空に吸い込まれそうで神秘的な感じになります。

      この本はタイトルも装丁も素敵ですね!
      星は好きだけど、占いについては・・・だったのですがブクログで教えて貰って、ちょっぴり興味が湧いてます。
      2012/08/27
  • 枕元に置いて時折読みたくなるような本。

  • プラネタリウムを見るのも星占いを見るのも好きだけど
    星の位置を覚えるまではちょっと…という自分の目からウロコが落ちました。

    誰にでも誕生日には天上に星があって
    まさしく「あの星のもとに生まれた」んだよ、という説明がとても気に入りました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「まさしく「あの星のもとに生まれた」んだよ」
      星占いとかはには興味は無いけど、これは素敵。星の光が、人の生命のスパンを遥かに超えて、その日の...
      「まさしく「あの星のもとに生まれた」んだよ」
      星占いとかはには興味は無いけど、これは素敵。星の光が、人の生命のスパンを遥かに超えて、その日のために届くと思うと。何とも言い難い気持ちになります。。。
      2012/04/12
  • 自分のための「星」を探すためのヒントをもらえる本。

    「人は祈りを必要としている」、に深く共感。

    この本で初めて、自分の「星座」は自分の誕生日の頃には夜空に見えないのだということに気付きました。
    どんだけ鈍いんだ、私。。

  • いつも勇気だったり日々の喜びをいただいている石井ゆかりさん。またも言葉のひとつひとつに感動してしまった。自分の星座以外にも興味がわく。そして空を見上げたくなった。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「いつも勇気だったり日々の喜びをいただいている」
      「はじめに」をチラっと読んで良いなぁ~って思っていたので、↑の気持ちがよく判ります!
      「いつも勇気だったり日々の喜びをいただいている」
      「はじめに」をチラっと読んで良いなぁ~って思っていたので、↑の気持ちがよく判ります!
      2013/01/17
  • 2:星占いや十二星座の本で有名な石井さんの「星探し本」ということで、一般的な星座の本とは少々異なる視点から星々について解説、夜空における探し方に触れた本でした。
    取り上げられている星(恒星)はわずかながら、太陽や月、彗星、惑星についても言及があったのが嬉しい。
    一口に「星占い」と読んでいるものの奥深さを垣間見れる本。
    石井さんならではの文体の美しさも素敵。

  • 自分の星座に関係する星を知れます。少しだけ、自分のことが分かる気がして何度も見返してしまう本です。

  • 所持/うっとりするような星の話に石井さんのやさしい言葉選びがぴったりで、ふわふわと不思議な気持ちになります。でもこれは現実で、その途方もない距離から、突き放されているようにも、見守られているようにも、感じました。読みながら、思わず何度星空を眺めたかなあ。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆。2010年刊行の「12星座シリーズ」(WAVE出版)は120万部を超えるベストセラーになった。『12星座』『星をさがす』(WAVE出版)、「3年の星占いシリーズ」(文響社)、『禅語』『青い鳥の本』(パイインターナショナル)、『新装版 月のとびら』(CCCメディアハウス)、『星ダイアリー』(幻冬舎コミックス)ほか著書多数。
Webサイト「筋トレ」http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/

「2019年 『月で読む あしたの星占い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井ゆかりの作品

星をさがすを本棚に登録しているひと

ツイートする