非電化思考のすすめ~マインドセットを打ち破る幸福な生き方

著者 :
  • WAVE出版
4.23
  • (8)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872905632

作品紹介・あらすじ

非電化工房代表が贈る、いま大切にしたいメッセージ。「3.11」以降に考えたい、私たちの新しい生き方のこと。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは反原発や太陽光発電を単純に推進するものではなく、今までの高度経済成長の考え方を切り替えて、異なるマインドセットでこれからの生活や社会のあり方、考え方を元に「幸せに生きて行く」ことを大事にする思考を進めるものでした。

    人に厳しい、ミスを許さない今の風潮は、これまでのマインドセットを切り替えることで、違う価値観になるのではないかと考えさせられた内容でした。

    過剰な便利さや快適さを望まず、スローな生活ができる社会をイメージできるものでした。

  • ◆きっかけ
    クーヨン 2013年7月号

  • 「良く考えて(=ゆっくり)行動しようよ」と著者は言っていると思う。けど、ゆっくりできない現代だからなぁ…。

  • 非電化って、ストイックでめんどうで難しい。そんなイメージをがらりと変えてくれる本。作者に無理が無くて、なんだかとても楽しそうなんだもん。自分の生活を振り返って観察する事、今の生活に疑問を持つ事。考えるって誰にでも出来る非電化の第一歩だなあと思いました。

  • 何かが変わるのは、いつも外側から。そう信じて、今の自分の場所を少しずついい方向に持っていきたい。

  • 2007年に非電化工房を立ち上げた、藤村靖之さんの本。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784872905632

  • 知ること…つながること…自分でつくること。とにかく愉しいことを小さくはじめてみる。

  • 自分の幸せをつきつめてゆくと、非電化に繋がっていくという、逆転の発想。自分の生活スタイル、幸せについて再考したくなる一冊。

  •  非電化で我慢して生きるのではなく、自分の人生に必要なことは何か、を考えて必要な分の電気を使う、という生き方があるのだなぁと思った。
     今の時代は豊かだけれど、当たり前のように豊かに生きるには、お金もエネルギーも必要なのである。でも、それがなければ生きていけないという訳でもない。答えはこの本には載っていない。たぶん各個人が考えて見出すことなのだろう。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1944年生まれ。工学博士。非電化工房代表。日本大学工学部客員教授。地方で仕事を創る塾主宰。科学技術庁長官賞、発明功労賞などを受賞。非電化製品(非電化冷蔵庫・非電化掃除機・非電化住宅など)の発明・開発を通してエネルギーに依存しすぎない社会システムやライフスタイルを国内で提唱。モンゴルやナイジェリアなどのアジア・アフリカ諸国にも、非電化製品を中心にした自立型・持続型の産業を提供している。

「2015年 『月3万円ビジネス 100の実例』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤村靖之の作品

ツイートする