ひとりっ子の育て方~「友だちづくり力」「自分づくり力」「立ち直り力」。0~15歳児の親が最低限しておくべきこと。~

著者 :
  • WAVE出版
3.63
  • (2)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872906400

作品紹介・あらすじ

乳幼児+小学校時代の親の態度が将来につながる!
親の「不安と願望」にきっちり答える本
●打たれ弱いところがある
●競争意識が低すぎる
●社会性が身につくかどうか心配
●大人と接することが多く、子ども社会で浮かないか
●兄弟を作ってあげられない罪悪感を抱えている
●親子密着度が高いので、思春期うまく子離れ親離れできるか不安・・・・

ひとりっ子はメリットがいっぱい!
・兄弟間の葛藤(シブリング・ライバリティ)がなく、変な劣等感を感じず育つ
・穏やかで優しい子が多い
・「一人時間=孤独」が充実していることの特典
・ワガママというよりマイペース
・「親のブレーキ」のかけ方を学べば関係良好

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 簡潔に書かれているが、それでいて大事なことは全て網羅されているように感じた。何度も読み返したい一冊。
    客観的にはひとりっ子より兄弟がいた方がBetterなのは間違いないだろう。しかし、やむを得ず我が子をひとりっ子として育てなければならないのであれば、ここはもう、主観で兄弟がいるよりもひとりっ子の方がよいに違いない、と思い込むことにする。物理的経済的時間的な負担が少ない分、知恵と工夫と深い思考で子育てに取り組んでいこうと思う。

    ・0歳から日常的に異年齢(2~3歳違い)の子とふれあわせる。
    ・保育園に早いうちから通わせる。
    ・親が何でも先回りするのではなく、こどもがリクエストしてくるのを待つ。おもちゃを親の判断で次々と与えるのではなく、こどもがほしい、と言ってくるまでは買い与えないこと。
    ・いろんな大人と触れ合う機会をつくる。
    ・家庭でお手伝いをさせて、協調性をはぐくむ。
    ・いろいろなタイプの子が集まる場を経験させる。
    ・兄弟がほしい、と言われたら、「あなたがとってもかわいいから、子どもはあなただけでいいの」
    ・子どもに接する際には、上から目線ではなく、ひとりの人間として扱う。
    ・何よりもまず、母親である自分がハッピーであること。いつも機嫌よく、不平不満なく、幸せでいること、それが何よりも大事。

  • うちの娘っ子もほぼひとりっ子が決定。んでも、その分愛情を注ぎまくってやる。わがままだっていい。それが子どもらしさってヤツだ。友達が少なくったっていい。その分父ちゃんが全力で遊んでやる!ハッピーに生きていれば、思いやる心も、友達も自然についてくる。それでも子育てに悩んでいる親にはおススメ。「立ち直り力」の章はためになった。親も子どもと一緒に色々と学んでいけばハッピーになれる。そんなわけで娘っ子よ。元気に育ってくれ。

  • 19世紀 ひとりっ子であることは、そのこと自体がすでに病気である by スタンレー・ホール

    ひとりっ子はより高い学歴、より良い成績、より名声のある職業を目指す傾向がある

    親の愛情こもったタッチングは、女の子に「自分の心と身体を大切にする感覚」を養う。満たされないと10代、20代でセックスに走る。

    一生懸命生きているのに不幸になるクセがついている。そんな人の多くは「他の兄弟と比べて愛されていない」という思いを抱いている。

    競争心からは真のクリエイティビティは生まれません。

    「自分より少し上のレベルの思考をする人に最も大きな影響を受ける」by発達心理学

    「死にたい」と訴えるほどつらい気持ちを抱えた人の多くが、このような「きょうだい間の劣等感」について語るのを、カウンセリングで何度も聴いてきた

    ライバルと競い合うのは、小学校高等学年以上になり、「自分」というものがある程度確立したあとで初めて意味をもちます。・・・親からほかの子と比較されることで子どもが奮起して頑張った、という例はひとつとしてありません。

    ひとりっ子にとっては「ひとりでいる状態」が当たり前。
    ・・・もしさみしそうだったら、お母さん、お父さんにもっともっと自分を見て欲しいというサイン

    「すごく楽しかった」という充足感が「また遊びたい」という意欲やエネルギーにつながります。

    つらい気持ちをお母さんに受け入れてもらえない子どもは、「何をやっても自分はどうせダメなんだ」「お母さんから否定されるんだ」という無力感を抱えて生きるようになります。→学習性無力感

    十分に甘えることのできた子は、心のタフな子に育っていきます。逆に、あまり甘えられなかった子は、踏ん張りのきかない、心の折れやすい子になってしまう。

    自己決定、自己選択の力を身につけることは、将来にわたって本当に自分がやりたいことを見つけるための練習

    お手伝いは、この「共同体感覚」を身につけ、協調性を養うのに役立つ→家事をさせることは、子どもの人格形成の最良の方法

    友だち関係への余計な口出しは、決していい結果を招きません。


    ◎^^^ちゃんがすごく可愛いから、子どもはあなただけでいいの

    ・離婚する時にかけたい言葉

    ・横の関係
    ×よく頑張った、やればできるね(上から目線)
    ◎〜〜ちゃんすごい!お母さん、^^ちゃんの頑張っている姿見られて、嬉しいよ(ともに喜ぶ・ヨコの関係)

    「いじめた」場合には、親は子どもを連れて相手の子の家に謝罪に行くべき

    子どもの頃から、常に自分を抑えて母親のサポートに徹してきた結果、娘は自分を抑えて生きることしか知らず、自分らしく生きることができなくなってしまいます。

    反抗のエスカレート→「お前の子育てはこんなに間違っていたのだ」と自分の人生を持って示そうとする

    ・個室は中学生になるまで与えてくてもいい

    @2006年サイエンス
    不幸な既婚者28%
    不幸な未婚者21%

    2030年には男性の3人に一人、女性の4人に一人が生涯にわたって結婚しない人生を送る

    ・・・・・・
    私のたましいは、この、無限の愛に満ちた宇宙とつながっている。
    この子のたましいも、この、無限の愛に満ちた宇宙とつながっている。
    この子のたましいは、この、無限の愛に満ちた宇宙から、私を選んでやってきてくれた。
    ありがとう。
    ありがとう。
    ありがとう。
    私たちふたりを親として選んで、この世に生まれてきてくれて、ほんとうに、ありがとう・・・。
    すべては、この、見えない世界からの贈り物。
    たましいの気づきと学びと成長のために、贈られてきたプレゼント・・・
    ・・・・・・・・・・・・・
    『あなたのことが、宇宙でいちばん大切』

  • ひとりっ子の良いところがたくさん書かれていて、ひとりっ子を持つ親として自分をそして子どもを肯定することができた。でも兄弟がいると○○できるけど・・・という書き方が多々あるのでその度に少し悲しくもなるけれど、こうすれば大丈夫!と力強く書かれているのでそっか、頑張ろう!という気持ちになった。

  • 内容的には言われればその通りな内容でした。普段自分が心掛けている事の再確認が出来たかな。
    ただ、やはり子どもに近すぎる親御さんが多いように思えるので、一度は手に取って読んで欲しい本です。

  • 良かったです。一人っ子も兄弟がいる子もみんな一緒。いい面悪い面(工夫次第でなんとかなる)がある。この本を読んで胸のつかえが取れました。ストンと私の中に入ってきました。この本に出会えて良かった。

  • 今後何十回も読み直すことになるだろう本。

  • 図書館より。
    ややパラ読み気味。
    育児本は耳が痛い。そしてプレッシャーを感じることも。
    とにかくママがハッピーならいいや。

  • 一人っ子をもつ方が読むには参考になる本だと思います。ただ、これまで色々な育児書を読んでこられた方にとっては物足りなさが残るかもしれません。
    まあ、これまでと同じ内容=子育て全般で大切なこと、という解釈をすれば、決して無駄にはならないはずです。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

(もろとみ・よしひこ)1963年、福岡県生まれ。92年、筑波大学大学院博士課程修了。米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部助教授等を経て、現在、明治大学文学部教授。『男の子の育て方』『女の子の育て方』(ともにWAVE出版)など著書多数。

諸富祥彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
湊 かなえ
宮下 奈都
吉田 修一
吉田 修一
又吉 直樹
佐々木 圭一
ヨシタケ シンス...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとりっ子の育て方~「友だちづくり力」「自分づくり力」「立ち直り力」。0~15歳児の親が最低限しておくべきこと。~を本棚に登録しているひと

ツイートする