心で勝つプレゼン~10分で上司も顧客も共感者になる~

著者 :
  • WAVE出版
3.00
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872906431

作品紹介・あらすじ

プレゼンとは「自分が最も輝いている未来」の描き方である。上司も顧客も同僚もみんなを共感者にし、仕事も人生もスムーズに、でも熱く、やりぬく術が身に付きます。

〝説得型″プレゼンから「是非参加させて欲しい」と〝お願いされる″「共感と感動のプレゼン」方法へ。説き伏せるのではなく夢にむかって協力し合っていく仲間をつくるための具体的なノウハウが満載の1冊です。



【福島流プレゼンの特徴】

1・制限時間は10分間

2・説明禁止、再校の価値を「物語」で伝える

3・「あきらめない理由」がある

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ●本書で紹介するプレゼンテーションには、3つの大きな特徴がある。
    1)プレゼンテーションの時間は10分間
    2)説明禁止、最高の価値を「物語」で伝える
    3)「あきらめない理由」がある

    ●プレゼンテーションの成功とは、相手が共感して一緒に行動するようになること、それは人の心を動かすこと。

    ●プレゼンテーションの目的とは、お願いしなくても相手から支援をお願いされるようになり、どんな困難があったとしても、応援し続けてくれるようになること。

    ●企業で働くビジネスパーソンこそ夢をもとう。

    ●人は説得でなく共感で動く。

    ●人が支援したい人は、あきらめない人。どんなにうまくいかないことがあったとしても、すべてを糧にして成長し、あきらめずに挑戦し続ける人こそ、たくさんの支援者を集めることができる。

    ●あきらめない理由を見出す質問
    1)あなたがその夢をやりたいと思った理由は何ですか?
    2)あなたがその夢に気づいた「きっかけ」は何ですか?
    3)それが「きっかけ」になった理由は何でしょうか?
    4)あなたにとって最も大切な価値観、絶対的な価値観ができた背景には、どのようなことが原因と考えられますか?

    ●過去の自分と将来の夢が一直線につながった時、人は最高に輝きだします。すべての迷いがなくなり、辛そうな道ですら、自分らしい道に思えるようになるのです。このように自分自身の過去と未来の過程に「今」gああることを実感できることが、まさに自己実現の状態なのです。

  • 情緒的に印象づけるプレゼン術。ちょっと期待したものと違った。

  •  「心で勝つ」とタイトルを見たとき、「精神論か?」と買うかどうかちょっと迷いました。実際に読んでみると心に訴えかけるには?というノウハウが一杯でていて買って良かった…
     
     訴えかけるために言葉、画像、音楽、使えるすべてのものを使え。

     そこまでの努力をしているか。そこまでの姿勢を持っているか。

     なるほど。

     セミナーとプレゼンはちょっと違いますが、セミナーにも応用できる部分があります。

  • 今、自分が向き合っているドリプラの創始者・福島正伸さんがエッセンスをまとめた本。
    改めて気づくこともありますが、それはプレゼンターとしてかかわっているからであり、ドリプラにふれたことのない人には変わったプレゼンのノウハウに思えるでしょう。
    この本の、そしてドリプラの真髄を知るためにも、11/24公立大でのドリプラ青森に足を運んでいただきたいと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

アントレプレナーセンター代表取締役 1958年生まれ。1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立。通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。人材育成、組織活性化、新規事業の立ち上げなどの専門家として、25年以上にわたり日本を代表するいくつもの大手企業や全国の地方自治体などで約7500回、延べ30万人以上に研修、講演を行う。自身のライフテーマである「世界中の人々が夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創る」という志をもとに開催する夢の発表会「夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション」のノウハウを無償公開している。また、東日本大震災後、「夢の国東北プロジェクト」を立ち上げた。 「他人の成功を応援すること」を生きがいとし、自身のポリシーは「通りすがりの者」。名を残さず世の中を変えていくことをテーマにするその姿は、多くの企業経営者、ビジネス書のベストセラー作家などから「メンター」と慕われている。受講生からの「人生が変わった」という声が後をたたない。

福島正伸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする