3年の星占い 蠍座 2015-2017

著者 :
  • WAVE出版
3.92
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872907230

作品紹介・あらすじ

120万部突破の「12星座シリーズ」待望の新刊!
3年間の運勢

私たちは、未来を「怖い」と感じることがあります。
「運命は私に、何をしてくるのだろう」と考えたとき、私たちは未知の未来に怯えます。
でも、一転して「私は明日、何をしよう」と考えることは、ちっとも怖いことではありません。そして、それは確実に、私たちの未来を創り出すひとつの力です。
(「はじめに」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西洋占星術本特有の『詩的すぎる』面は否めないものの、さすが石井ゆかりさん、この作品も、西洋占星術にとくに詳しくない読者でも(詳しくない読者にこそ?)楽しめる、読みやすい内容にまとまっていたかと思いました。

    この作品で初めて、土星や木星のスパンで運気を読み解くことに興味がわきました。
    が、木星星座・土星星座で読み解かなくていいのかな?なんで太陽星座だけで、木星や土星のメッセージが受け取れるのかが、いまいち理解できてないかも。

  • 折に触れて読み返していきたい本。

  • こんな未来を見てみたいな。こんな未来を作っていきたいな。そう思わせてくれる本。ゆかりさんの言葉はとても優しくて温かくて、運命任せではなく努力は必要だけど、もしかしたらこんな私でも出来るのかもしれないと思わせてくれるので好き。

  • 今後、三年間の大枠の流れがつかめて良かった。
    流れが良くないときでも、今は我慢の時期だからと、言い聞かせながら努力していけそう。

  • 石井ゆかりさんの星占いは、読むとなんだかわくわくします。不安をあおる言葉がないところがとても好き。未来に向けてわくわくしたあとは、その時期が過ぎ去ってからしみじみ振り返るのもまた良いものです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

ライター。星占いの記事やエッセイなどを執筆、独特の文体で老若男女を問わず、人気を集める。
女性誌フィガロジャポンの連載「星の伝言板」そして半年に一度の「星占いスペシャル」は大人気企画。

「2018年 『新装版 月のとびら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井ゆかりの作品

ツイートする